エール第9週(5月25日~5月29日)あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第9週あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第9週(5月25日~5月29日)「東京恋物語」あらすじネタバレ

鉄男が東京にやって来る

福島で記者をしている鉄男は、自信を取り戻した裕一に呼ばれ、東京にやって来ました。

そして、「バンブー」で裕一が鉄男に

「鉄男君。僕と曲作んないが? 君もそろそろ夢に向がって進む時期だ!」

と熱く語っていると、そこに久志もやって来ます。

鉄男は記者の仕事をしていますから、すぐにというわけにはいきませんが…

いつか鉄男が詞を書き、裕一が作曲し、久志が歌う… 三人は、そう約束をしました。

双浦環が音に厳しい言葉を…

音楽学校では、記念公演の二次審査が行われ、審査員席には、音が憧れる双浦環がいました。

環は特別講師として招かれていたのです。

審査の結果、最終選考には音と千鶴子の二人が選ばれましたが… 審査終了後、音は環に

「あなたは何を伝えたいの? どこまで何を理解してる? 何も伝わってこなかったの、あなたの歌からは」

と厳しいことを言われてしまいました。

落ち込んだ音は、久志から、まずは記念公演の演目である「椿姫」の世界を理解することだとアドバイスされましたが…

音には男女の機微がどうしても理解できません。

そこで音は、男女の社交の場であるカフェーで勉強をしようと思いつき、木枯の紹介で一週間だけ働くことになりました。

カフェーにやって来た鉄男が…

ある夜、指名を受けた音が席に向かうと、そこにいたのは鉄男でした。

休暇を取り、上京した鉄男は、裕一から頼まれて音の様子を見に来たのです。

音の女給仲間・希穂子を見るなり鉄男が

「希穂子……どしてこごに…」

と声をあげました。

鉄男と希穂子は、希穂子が福島の料亭で仲居をしていた時に知り合い、つきあっていたのです。

ところが、鉄男に新聞社の社長令嬢との縁談が持ち上がっているのを知った希穂子は、姿を突然消してしまい…

希穂子が東京にいるらしいと聞いた鉄男は、彼女のことをずっと捜していたのでした。

鉄男は、希穂子に姿を消した理由を尋ねましたが…

希穂子は、田舎が嫌になったのだとしか言いませんでした。

裕一が作曲した曲がついにレコードに

カフェーでの音の仕事の最終日に再び鉄男が店にやって来ますが…

希穂子は、鉄男のことを冷たく追い返してしまいます。

その夜、裕一の家には久志もやって来て、落ち込んでいる鉄男と酒を酌み交わしていましたが…

鉄男から「福島行進曲」と書かれた歌詞を見せられた裕一は、一晩で、曲を書き上げます。

そして、その詞と楽譜を見た廿日市は、レコード化を決めました。

無名の学生である久志が歌うことはかないませんでしたが、裕一は、ようやくプロの作曲家としてデビューを果たしました。

去っていった希穂子

「バンブー」で開かれることになったレコード発売のお祝いパーティーに音は希穂子を誘います。

これまでは何でも言葉をそのままに受け取っていた音でしたが、言葉とは裏腹な希穂子の気持ちに気づけるようになっていました。

パーティーの日、遅れてやって来た希穂子に「福島行進曲」が流れる中、鉄男は

「……この詞を書げだのは、君のおかげだ」

と言い、自分と一緒に生きてほしいとまっすぐに希穂子を見つめます。

しかし、喜穂子は、涙を必死にこらえながら、自分は結婚することになっていて、彼は頼りがいがあり、経済力もあってと、作り笑顔で嘘を並べ、去っていきました。

音、記念公演の最終選考に挑む

数日後、記念公演の最終選考が開かれました。

「椿姫」の悲恋を歌う音の脳裏を鉄男と希穂子の姿がよぎり、涙があふれてきましたが…

そんな音を見る環の目は優しいものになっています。

そして… 夕方、帰宅した裕一に最終選考会の結果を問われた音は、満面の笑みで頭の上に丸を作りました。

参照:NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part1

放送前に

「エール」第9週では、コロンブスレコードの専属作曲家になって以降、曲を作っても作っても、それが採用されない日々が続いていた裕一が…

ついにプロの作曲家としてのデビューを果たすことになりますね!

ですが… そんな週であるにも拘わらず… この第9週は

■男女の機微がわかるようになり、表現力を上げ、記念公演の最終選考を突破できた音

■希穂子に去られてしまった鉄男

■鉄男の前から去っていった希穂子

などの方が目立つような物語の展開になっているようですね!

でも、それは、けっして悪いことではなく…

それだけ第9週も充実した内容になっているということなのだと思います!

「エール」は、第13週まで放送された後、しばらくは放送休止となることになってしまいましたが…

一日も早く「エール」の収録が再開され、私達が第14週以降も見られることが決まるといいですね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第10週(6月1日~6月5日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました