エール第7週(5月11日~5月15日)あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第7週あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第7週(5月11日~5月15日)「夢の新婚生活」あらすじネタバレ

裕一と音の東京での生活が始まる

裕一は上京し、音と新婚生活を始めます。

全ての人に祝福されたわけではなく、結婚式もあげていませんでしたが、二人は幸せでした。

新居は音の学校の近くの喫茶店「バンブー」の裏にある借家でした。

コロンブスレコードとは年に三千五百円で専属契約を交わしました。 

かなりの大金でしたが、その分だけヒット曲を作り、還元しなければなりません。

西洋音楽を扱う青レーベルと流行歌を扱う赤レーベルがあり、裕一が契約したのは赤レーベルでした。

最低でも月に二曲は作曲する約束ですが、裕一が何度譜面を見せても、廿日市に突き返されてしまいます。

そして、半年後にはついに二十一曲連続不採用になってしまいました。

裕一と同時期に専属作曲家になった木枯正人もまた十九曲連続不採用となり、しょぼくれていました。

音、東京帝国音楽学校に通い始める

春になり、音の東京帝国音楽学校での学生生活が始まりました。

ある日、オペラ実習の授業中に三年生の男子生徒が現れます。

女生徒たちがプリンスと呼んで憧れる学校のスターです。

彼は自分が特別授業をすると言って、歌の相手に夏目千鶴子を指名しました。

千鶴子は一年生ながら、最年少で帝国コンクールの金賞に選ばれた実力の持ち主です。

二人の歌唱力に生徒たちは圧倒され、学校の創立記念日に行われる記念公演「椿姫」の主役は、この二人だろうと噂しあいました。

裕一、久志と再会する

裕一は、木枯の曲がレコードになることを聞かされます。

先を越されて複雑な思いを抱えながらも祝福をする裕一を木枯はカフェーに誘いました。

きらびやかな店内や華やかな女給たちに裕一の目が泳ぎます。

大衆が求める歌を作るには大衆を知らなきゃ始まらないと言う木枯は、店で繰り広げられる人間模様を見ていると、音楽が自然に浮かび、曲を書きたい衝動が湧くと言いました。

その夜、裕一はカフェーに行ったことを音に隠そうとしますが、すぐにバレて喧嘩になってしまいます。

次の日、「バンブー」にはプリンスと向かい合う音の姿がありました。

裕一との喧嘩を引きずり、浮かない様子でいた音に彼が声をかけたのです。

そこへ、「バンブー」に忘れ物をした裕一が戻ってくると、プリンスがハッとします。

「古山かぁ! 僕だよ。佐藤久志」

小学校の同級生同士の思いも寄らぬ再会でした。

そして、裕一が曲作りで悩んでいると知った久志は

「焦ることはないさ。君は選ばれし者なんだ。いつか必ず道は開ける」

と言って、裕一を励まします。

裕一、小山田耕三に出会う

さらに半年が過ぎても裕一の曲は採用されておらず… 廿日市からは二年目の契約金を半額にすると言い渡されてしまいます。

納得できない音は、自分には裕一の音楽家としての価値を守る義務があるのだと言って、廿日市に直談判に行き、前年どおりの契約金にすることを了承させました。

数日後、裕一はコロンブスレコードのサロンで憧れの小山田耕三に出会います。

実は裕一が専属作曲家としてコロンブスレコードと契約できたのは、小山田の推薦があったからでした。

音が廿日市に直談判に行った時に初めてそのことがわかったのです。

推薦してくれた理由はわかりませんが、とにかく小山田先生の顔に泥を塗るわけにはいかないと思った裕一は、取りつかれたように仕事に没頭しました。

音、記念公演の主役に挑む

音は、久志の勧めもあって、記念公演の主役選考会に応募しました。

しかし、一次審査が開かれる日の朝、心労からくる腹痛で裕一が突然倒れてしまいます。

定刻ギリギリで選考会場に駆け込んだ音に遅れたから受験資格は失効だと教官が告げましたが…

「わたくしの時計は、八時五十九分を指しておりますが」

と言って音を助けたのは、意外にも同じ選考会に臨む千鶴子でした。

千鶴子の機転で、音は無事に一次審査を通過することができました。

参照:NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part1

放送前に

「エール」第7週では

●裕一と音が東京で結婚生活を始める

●レコード会社と契約した裕一が音楽に仕事として取り組み出す

●音の東京帝国音楽学校での学生生活が始まる

というように様々なことが新しく始まることになりますね!

また、第7週では裕一が小山田耕三に初めて会うという展開もありますね!

残念ながら小山田耕三 役の志村けんさんが亡くなられたことによって…

小山田耕三に関する描写は大幅に変更せざるを得なくなってしまったようですが…

それでも、この先、裕一に小山田耕三がどのような影響を与えていくのか…

注目していきたいですね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第8週(5月18日~5月22日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました