エール第5週(4月27日~5月1日)あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第5週あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第5週(4月27日~5月1日)「愛の狂騒曲」あらすじネタバレ

関内家を突然訪ねた裕一

豊橋の関内家に突然、裕一が現れました。

音からの別れの手紙を読み、どうしても彼女に直接会いたくなった裕一は衝動的に豊橋まで来てしまったのです。

音に会った瞬間、頭にとめどなくメロディーがあふれてきた裕一は、しばらくここに置いてほしいと唐突に申し出ました。

翌日、音に豊橋の町を案内され、父のことや歌手を目指すきっかけになった出来事を聞かされた裕一が関内家に戻ると… 

そこには鶴亀寅吉という興行師が待っていました。

裕一の演奏会が豊橋で開かれることに

鶴亀は豊橋で裕一の演奏会をしないかと提案してきました。

その話を光子は怪しみましたが、音は乗り気になります。

そして… 三ヶ所の会場で演奏会を開き、演奏会の最後は音との共演で締めくくるという内容で契約書を交わしました。

裕一が音に結婚を申し込む

ある晩、神社のお祭りに出かけた裕一と音が関内家に戻ると、そこにはなんと裕一の父・三郎が待っていました。

裕一が突然いなくなったことで福島では大騒ぎになっていましたが、三郎は裕一が文通相手のおころにいると直感し、飛んできたのです。

そして、裕一と音を別れさせることで三郎と光子の意見は一致していました。

ところが… 裕一はいきなり音と結婚したいと言い出し…

「僕の音楽にはあなたが必要なんです。ど、どうか僕の申し出を受け入れでください」

と音に結婚を申し込みます。

予想外の展開に仰天し、三郎と光子は言い争いになり…

突然の求婚に音も驚きましたが、喜びの方が勝っていました。

結婚も音楽の道も諦めないという二人の決意は固く、最後には光子が二人の味方になり、三郎も古山家や茂兵衛の説得は俺に任せておけと言って福島に帰っていきました。

演奏会は大成功

演奏会に向けた準備が始まり、裕一は音の歌の先生・御手洗のレッスン室を借りて曲を完成させていきました。

御手洗は、裕一が独学で音楽を学んできたことを知り、彼に与えられた特別な才能に驚きを隠せません。

そうした中、三郎から裕一に

「バンジヨシ スグカヘレ チチ」

という電報が届き、裕一と音、光子、音の姉・吟が電報を囲んで喜びあい、裕一は演奏会を終えてから福島に帰ることにしました。

そして、迎えた演奏会の日… 裕一のオリジナル曲は喝采を博し、やがて、最後を締めくくる音の出番になります。

音の妹・梅が詞を書いた、亡き父に捧げる歌です。

練習のしすぎでのどを痛めた音は、途中で歌えなくなりかけましたが、裕一のサポートで最後まで歌い切ることができました。

大成功を収めた演奏会は新聞にも取り上げられ、裕一の知らないところで、裕一の尊敬する小山田耕三の耳にも届いていました。

演奏会の収益を持ち逃げされる

演奏会の収益は鶴亀に持ち逃げされてしまいました。

持ち逃げされてしまった収益を東京行きの資金にしようと思っていた音は腹を立てました。

音は東京帝国音楽学校を受験するため、吟は見合い相手を探すために二人で東京に行こうとしていたのです。

しかし、裕一は楽しかったからかまわないと呑気なものでした。

そして、裕一は留学と婚礼の準備をするために張り切って福島へ帰っていきました。

参照:NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part1

放送前に

「エール」第5週は4月27日から5月1日までの放送ですが、先日亡くなった志村けんさんが演じておられる小山田耕三が登場しますね!

志村さん演じる小山田耕三のことを裕一は師と仰ぎ… 小山田の推薦があって裕一はレコード会社と契約ができるようになりますが…

やがて、小山田と裕一の間には確執が生じるようになり……というところまで撮影が進んでいたところで志村さんは新型コロナウイルスによる病に倒れ、天に召されてしまったようです。

志村さんが亡くなられたこと、そして、志村さんに小山田役を最後まで演じ切ってもらうことができなかったのは非常に残念ですが…

俳優としてテレビドラマに本格的に出演されるのは初めてだった志村さんが小山田役を見られることは楽しみですね。

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第6週(5月4日~5月8日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました