エール第4週(4月20日~4月24日)あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第4週あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第4週(4月20日~4月24日)「君はるか」あらすじネタバレ

裕一が銀行で働き始めて一年

裕一が銀行で働き始め、一年が経ちました。

茂兵衛は黙々と銀行の仕事をしている裕一を見て心を入れ替えたと思い、ご満悦です。

ある日、鉄男が訪ねてきて国際作曲コンクールの募集広告が載った雑誌を見せ、裕一に挑戦するように言いましたが…

裕一はちゃんとその募集広告を見ようともしません。

ですが… 銀行の皆にコンクールに応募するよう励まされ、裕一はコンクールに応募するための曲作りに取り組む気になります。

裕一の曲作りに皆が協力

ブランクが長すぎたためか裕一の曲作りは一向にはかどりませんでした。

そんな裕一を心配する銀行の者達は鉄男も交え、曲の主題を考える会議を開きます。

その会議の途中、鉄男がふと口ずさんだ「竹取物語」の一節がヒントになり、裕一の中にメロディーが湧いてきました。

鉄男は裕一が音楽に戻ってきた事を喜びましたが… 実は裕一はこれを区切りにして音楽に別れを告げるつもりでいました。

裕一が作曲した交響曲「竹取物語」が…

昭和5(1930)年3月、裕一が作曲した交響曲「竹取物語」が史上最年少で二等を受賞し、イギリスへの留学が許可され、留学費も支払われることになったのでした。

交響曲「竹取物語」の作曲を区切りに音楽をやめるつもりになっていた裕一でしたが… 裕一の胸に喜びが満ち溢れてきました。

音、裕一に手紙を出す

その頃、音は海外から帰国した音楽教師・御手洗清太郎の下で声楽を学んでいました。

裕一の受賞を新聞で知った音は自分と二歳しか違わない青年が快挙を成し遂げたことに興奮が抑えられません。

しかも曲の主題は、小学校の時に演じた「竹取物語」です。

音はすぐに裕一にファンレターを書きました。

すると、何日かして音のところに裕一からの返事が届きます。

受賞が新聞で報道されて以来、裕一の元には驚くほど多くの手紙が送られてきましたが…

中でも歌手を目指しているという音の熱意溢れる手紙に心惹かれ、音のために曲を作りたいと思い、裕一は返事を出したのでした。

茂兵衛と浩二は…

一方、裕一の祖父・源蔵が急逝し、養子縁組を急ごうとしていた茂兵衛は裕一の受賞を知って怒り心頭でした。

また、弟・浩二も裕一が留学に行けば「喜多一」が潰れると言ってカンカンに怒っています。

父・三郎は裕一を留学させてやりたいと考えていましたが… 母・まさは浩二の心境も考え、どうしたらいいのかわからなくなっていました。

そんなある日、茂兵衛は突然、裕一の留学を認めます。

裕一はうまくいかずに帰ってくるに違いなく、そうなれば音楽を完全に諦めるはずだと考えてのことでした。

音からの返信が途絶え、裕一は…

留学が決まったことを知らせて以来、裕一への音からの手紙が途絶えました。

音は、世界に羽ばたこうとしている裕一と自分との間に大きな隔たりを感じ、身を引こうと考えたのです。

そんな事情を知らずに落ち込む裕一を落合は親が恋路を邪魔しているのだと推測し励まし…

女の名前なら警戒されないという昌子のアドバイスを聞き、裕一は「古山裕子」の名前で手紙を出しました。

裕一の心中を察した音は、裕一の勉学の足かせになりたくなかったから手紙を返さなかった、自分のことは忘れてほしいと記し、裕一に返事を出します。

参照:NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part1

放送前に

「エール」第3週の途中から裕一は銀行で働き始めますね。

銀行で働き始めた時には裕一は音楽で生きていくことを諦めていたのでしょうが…

第4週以降で裕一の音楽で生きていく道が開けていきます!

そのきっかけを作るのが実は鉄男なのですが…

鉄男は子供の時に裕一が言っていた言葉を憶えていて詩を書き続けていたわけですが…

今度は鉄男が裕一に諦めずに道を切り開くきっかけを作るわけですから面白いですよね。

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第5週(4月27日~5月1日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました