エール第3週(4月13日~4月17日)あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第3週あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第3週(4月13日~4月17日)「いばらの道」あらすじネタバレ

独学で音楽の勉強をしていた十七歳の裕一

大正15(1926)年、十七歳になった裕一は商業学校に通いながら独学で音楽の勉強を続けていました。

ある日、裕一は所属するハーモニカ倶楽部の会長・館林信雄から実家の料亭を継ぐために音楽をやめると聞かされます。

プロを目指すと語っていた館林を尊敬し、自分でも音楽家を目指していた裕一は突然のことに落胆しましたが…

ちゃんと音楽理論も学んでいないのに本気で音楽家を目指していたのかと館林に笑われてしまい、裕一は珍しく怒りを露わにしました。

ハーモニカ倶楽部の次の公演でメンバーが自作した曲の中から選ばれた曲が演奏されることになっていましたが…

その作曲で館林に勝ち、見返してやると裕一は息巻きますが、いくら考えても曲は浮かびませんでした。

三郎は裕一に夢を追いかけろと言ってくれたが…

ハーモニカ倶楽部の楠田史郎に怒りを曲作りの原動力にしようとするのは裕一らしくないと指摘され、自分を取り戻した裕一は、猛烈な勢いで譜面を書き上げます。

そして、投票で裕一は舘林に圧勝しました。

その日、家に帰った裕一は三郎から「喜多一」は浩二に継がせると聞かされます。

そして、三郎は裕一に学費を出してやるから夢を追いかけろと言ってくれました。

妻・まさの兄・権藤茂兵衛から裕一か浩二を養子に寄越すよう言われた三郎は、それをきっぱり断わりましたが… 事態が一変します。

三郎が連帯保証人になっていた京都の仕入れ先が多額の借金を踏み倒して逃げてしまったのです。

裕一、音楽と縁を切る

ハーモニカ倶楽部の定期演奏会の日、裕一の曲は聴衆を魅了し、曲が終わると総立ちの拍手になりましたが、三郎だけが立ち上がれずに泣いていました。

茂兵衛から融資を受ける代わりに裕一を養子に出す条件をのむしかなかったのです。

公演終了後、裕一は倶楽部を辞めることをメンバーに伝え、音楽と縁を切りました。

裕一、銀行で働き始める

昭和3(1928)年、春。裕一は茂兵衛が経営する「川俣銀行」で住み込みで働くことになりました。

養子になるのは、仕事を覚え、一人前と認められてからです。

行員は裕一の他に支店長の落合吾郎、鈴木廉平、松坂寛太、菊池昌子の四人ですが、前年の恐慌で仕事が減り、みんな暇そうにしていました。

ある日、裕一は鈴木に連れて行かれたダンスホールで志津という踊り子に出会います。

美人で群がる男に目もくれない志津が、なぜか裕一に自分からダンスを申し込んできて… 裕一はたちまち恋に落ちてしまいました。

それを知った銀行の同僚たちは裕一と志津を交際させようと、レストランである計画を決行しますが失敗に終わります。

そして、レストランを出て志津を見送っていた裕一に男が声をかけてきました。かつての悪童・鉄男です。

鉄男は藤堂の紹介で地元紙の新聞配達で働きだし、現在は記者になっていました。

そして、しがみつけば必ず道は開けると子供の頃に裕一が言っていた言葉を信じ、今も詩を書き続けていたのです。

裕一の恋が終わる

仕事で大失態をしでかした裕一は踊り子にうつつを抜かしているからだと茂兵衛に責められ、すぐに別れるよう命じられてしまいます。

しかし、裕一は志津のところに駆け付け、伯父に反対され君のことが好きだと気づいたと告白し、つきあってほしいと言いましたが…

それを聞いて志津は笑い出します。

志津は実は裕一の小学校時代の同級生でダンスホールで再会した時、それに気づかなった裕一に腹を立て、わざと近づき、からかっていたのでした。

裕一の恋は、はかなく終わってしまいました。

参照:NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part1

放送前に

「エール」第3週の途中から裕一は銀行で働き始めますね。

銀行で働き始めた時には裕一は音楽で生きていくことを諦めていたのでしょうが…

第4週以降で裕一の音楽で生きていく道が開けていきます!

そのきっかけを作るのが実は鉄男なのですが…

鉄男は子供の時に裕一が言っていた言葉を憶えていて詩を書き続けていたわけですが…

今度は鉄男が裕一に諦めずに道を切り開くきっかけを作るわけですから面白いですよね。

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第4週(4月20日~4月24日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました