エール第23週(11月16日~11月20日)あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第23週あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第23週(11月16日~11月20日)「恋のメロディ」あらすじネタバレ

伝説のラジオドラマとなる「君の名は」が始まる

昭和二十七(1952)年四月、伝説的ラジオドラマとして語り継がれることになる池田(北村有起哉)の作品「君の名は」の放送が始まりました。

何度もすれ違う真知子と春樹に、日本中が熱狂することになるこの作品ですが、当初の池田の想定は全くそうではなく、三家族を並行して描く画期的な社会派ドラマをめざしていたのでした。

状況に対応してギリギリに仕上がる池田の台本に裕一(窪田正孝)が曲をつけたこのドラマは大人気となりました。

多忙な日々を送る裕一

華(古川琴音)が東京の病院で働き始めて3年が経ちました。

看護の仕事にやりがいを感じて、仕事に頑張る華でしたが、音(二階堂ふみ)はそろそろ結婚のことも考えた方がいいのではと、二十四歳になった娘の事を心配しています。

一方、四十代の裕一(窪田正孝)は、元の机でラジオドラマの音楽をつくり、別の机では歌謡曲を書き、もう一つの机で映画の主題歌や劇伴を書き…といった具合の人生で最も多忙な時期を送っていました。

お見合いの話を断っていた華が…

数々のラジオドラマをヒットさせた池田(北村有起哉)はその腕を見込まれて、大きなエンターテイメント会社にヘッドハンティングされました。

池田から一緒にやろうと誘われて、裕一(窪田正孝)は池田の次の作品、喜劇の大物総出演のミュージカルの曲を手掛けることになります。

一方、華(古川琴音)は、将来を心配して音(二階堂ふみ)が持ってくるお見合いの話を断っていましたが、ある日職場の先輩が結婚すると知って、心穏やかではいられなくなります。

入院してきたロカビリー歌手・霧島アキラ

そんなある日、華の勤務する病院にケガをしたロカビリー歌手・霧島アキラ(宮沢氷魚)が入院してきます。

アキラは、華のことをすぐに好きになりますが…

華にとってアキラは苦手とするタイプでした。

アキラに恋をした華

ところが… アキラのリハビリを担当するようになった華は、だんだんとアキラのことが気になるようになってきます。

そして、アキラに告白された華は、アキラこそが自分の運命の人なのだと確信します。

ですが… 裕一は、アキラのことを華に相応しい男性として認めようとはしません。

放送前に

「エール」全24週のうちのいよいよ23週目です!

いよいよ終わりが近づいてきた「エール」の物語ですが…

今週は、華の恋にまつわる物語が中心になるみたいですね!

で… 良き夫、良き父としての顔をこれまでずっと見せてきた裕一が、恋をした華の前に大きな壁として立ちはだかるようにどうやらなるみたいですね!

考えてみれば、華が子供だった頃から、彼女が恋をした時には、裕一が大きな壁となって立ちはだかる伏線が敷かれてきていましたよね!

その伏線がいよいよ回収されることになるみたいですが…

第23週は、これまでは華にとってひたすら良き父であったはずの裕一の「壁」ぶりに注目したいと思います!

サイトナビ

⇒⇒⇒エール第24週(11月23日~11月27日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました