エール第21週(11月2日~11月6日)あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第21週あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第21週(11月2日~11月6日)「夢のつづきに」あらすじネタバレ

音、二次審査も通過する

必死にレッスンを重ねてオペラ「ラ・ボエーム」の一次審査を通過した音は、二次審査に挑んだ音は…

審査員席に現在はオペラ歌手として活躍している音楽学校時代の同級生=夏目千鶴子がいるのを見て驚きました。

その日、音が帰宅すると、華が竹中渉という男子高校生を連れて帰ってきます。

渉は甲子園を目指す野球少年で、華の父が「栄冠は君に輝く」の作曲者と知ってサインを貰いに来たのでした。

裕一は、華が渉に向ける笑顔を見て気が気でないようでしたが…

音は、華が弘哉のことを引きずっているのではないかと心配していましたので、少しホッとします。

二次審査も通過した音は、最終審査に向け、ますますレッスンに励むようになり…

忙しい音のため、華は家事を手伝おうとしましたが、音はそれを受け付けません。

幼い頃の華に自分のためにお母さんは歌をやめたのかと訊かれたことを気にしていた音は、華のために家事も歌も両立できることを証明したいと思っていたのでした。

母・音にわだかまりを感じていた華

最終審査が行われ… 音は、力は出し切ったものの他の応募者との力の差を感じていました。

長いブランクを越え、よく頑張ったと裕一にねぎらわれた音が

「好きにやらせてもらって感謝してます。華も、やりたいことどんどんやっていいからね」

と言うと、それを聞いた華が

「……やりたいことがないとダメなの? 目標があるのが、そんなにえらいの?」

と言い返します。

華は、両親のように才能も目標もない自分に自信を失っていました。

そして、家事を手伝おうとしたのは、自分のせいで音楽を中断した音を気遣ってのことだったのに、それを拒まれ…

自分の気持ちに気づいてくれない母・音に華は、わだかまりを感じていたのです。

数日後、音に合格を知らせる選考通知が届きました。

ぶっきらぼうに「おめでとう」と言った華に音は、これから忙しくなるから手伝いを頼んでいいのかと尋ねます。

舞台の稽古についていけない音

音の舞台の稽古が始まりました。

競演者は実力も経歴も錚々たるメンバーばかりです。

稽古を重ねるにつれ、音の相手役を務める伊藤幸造は、うまく歌えない音への苛立ちを露わにし始めました。

そして、他の競演者達の視線にもどこか冷たいものがあります。

音は、必死に練習しますが、どれだけ頑張っても、実力の差は埋めようがありませんでした。

ある日、音は、稽古を終えた千鶴子に何か知ってたら教えてほしいと問いかけます。

音、舞台を降板する

次の日、音は舞台の降板を申し出ました。

音が主役に起用されたのは「古山裕一の妻」という話題性を狙う常務・脇坂の独断だと千鶴子から知らされたためです。

この一件で音は、レッスンを続ける意欲をすっかり失ってしまいました。

裕一が作った曲を大きな舞台で歌うという約束をかなえられなかったことを音は、裕一にわびました。

やりたいことが分かった音

半月後、裕一は、ある教会に音を連れ出します。

孤児院を併設する、この教会で裕一は、子供たちのために慈善音楽会を開くことにして…

音にこの教会で歌ってほしいと頼みます。

そして、慈善音楽会の日がやってきて、子供たちの合唱、久志と藤丸のヂュエットとプログラムは進み… 音の出番を迎えました。

曲は、裕一が音のために作曲し、鉄男に詞を書いてもらったものです。

音は心を込めて歌い上げると、晴れ晴れと笑顔を見せました。

夕方、音は、一緒に片づけをしていた華に本当にやりたいことが、今日はっきりわかったと言うと…

「……私も、何か見つかるかな」

と華が言います。

久しぶりに笑顔を交わす音と華を、裕一は潤んだ目で見つめていました。

参照:NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part2

放送前に

「エール」第19週は、裕一の「再生の物語」、「エール」第20週は、久志の「再生の物語」となっていましたが…

今週=第20週は、音が「やりたいこと」を見つけるまでの物語…

そして、音と華の母娘の間に生じてしまったわだかまりがなくなっていくまでの物語になるようですね!

裕一の「再生の物語」、久志の「再生の物語」とは全く違いますが…

今週は、ある意味で音と華の「再生の物語」とも言えるかもしれませんね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第22週(11月9日~11月13日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました