エール第18週(10月12日~10月16日)あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第18週あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第18週(10月12日~10月16日)「戦場の歌」あらすじネタバレ

裕一、ビルマにやって来る

裕一の慰問先は、インパール作戦が展開されているビルマ(現在のミャンマー)です。

裕一は、ラングーンのホテルに滞在し、学校や施設へ慰問に出かけていましたが…

同行した作家・水野伸平と洋画家・中井潤一は、自分の目で戦地を見たいと志願し、前線に行くことになり…

別れ際、裕一は水野から最前線の将兵のために彼が書いた「ビルマ派遣軍の歌」の詞を託されます。

二ヶ月後、前線から戻った中井の姿は、以前とはまるで別人のようになっていました。

中井は、裕一に戦場の惨状を描いたスケッチを見せながら前線の実状を説明し

「古山さん、日本は負けます」

と言いました。

藤堂がビルマにいることがわかる

新聞記者の大倉憲三から藤堂がビルマにいると裕一は聞かされます。

藤堂は、前線のやや後方で補給路の警備をしている部隊の隊長をしているようです。

裕一は、「ビルマ派遣軍の歌」を捧げに藤堂に捧げるため、慰問を申し出たいと思う一方で、音や華のことを思い、決断ができませんでした。

裕一から迷いを聞かされた中井は、国民を戦いに駆り立てる音楽を作っていることに良心の呵責を感じ、そのために戦場に行こうとしているのなら、やめるべきだと言いますが…

裕一は、自分は音楽で皆を勇気づけたいだけだと言って、戦場へ行く決意を固めます。

裕一、戦場で藤堂に会う

裕一は、藤堂がいる駐屯地にやって来ました。

手当たり次第に楽器を持ってきた裕一と固い握手を交わした藤堂は、ギターやトランペットができる兵士を裕一に紹介しました。

翌日のコンサートで一曲目に「ビルマ派遣軍の歌」を演奏することにした裕一は、皆で練習をし、夜は酒を酌み交わします。

そして、翌日、目を覚ました裕一は、藤堂が、妻・昌子に宛てて書いた手紙を渡され

「俺が死んだら渡してくれ」

と言われます。

藤堂、戦場で逝く

コンサート本番を前にして、もう一度練習をしようと、裕一が指揮をしようと手を上げた、その時… 銃声が鳴り響き、兵士が倒れました。

敵の狙撃です。

藤堂は、裕一を車の下に押し込んで隠しました。

銃撃戦が始まり、銃声と悲鳴、爆発音が鳴り響きます。

そして… 藤堂が撃たれました!

「先生! しっかり!」

「最後に……お前に会えてよかった……」

妻と息子を頼むと言って、藤堂は力尽きました。

裕一は懸命に藤堂を揺すりますが… もう反応は何もありません。

その後、間もなくインパール作戦は中止されましたが…

投入された九万の将兵のうち、生存者は一万数千人だけでした。

裕一、帰国する

帰国した裕一は、福島へ行き、藤堂から託された手紙を昌子に届け、実家へ行きます。

裕一のビルマ滞在中に母・まさの病状が悪化したこともあり、音と華は、裕一の実家に疎開していました。

ビルマで藤堂先生に会えたと言ったきり無言になる裕一に音は戦地で何があったのかを悟ります。

「しばらく一人でいたい。僕だけ帰るよ」

と言って東京に戻った裕一は、軍のために曲を作り続けました。

戦況が悪化すればするほど、国民の士気を高めるため、作曲の依頼は増えていきます。

五郎、特高に連行される

豊橋の関内家では、光子が引き止めるのを振り切って信徒の集まりに出ていた五郎が、特高に連行されてしまいました。

五郎は、仲間と信仰を共にするすることで、心を保っていたのです。

次の夜、五郎のことを光子や梅が心配していると、空襲警報のサイレンが聞こえてきました。

戦火が家まで迫り、逃げなければならなくなりますが… 梅は、原稿を持ち出すために家の中に戻ってしまい…

岩城がバケツの水をかぶって、梅を追いました。

戦争が終わる

昭和二十(1945)年八月十五日、戦争が終わりました。

釈放された五郎が、梅と岩城が収容されている病院に飛び込んでいきます。

岩城がいなければ、梅は亡くなっているところでした。

病室で眠る岩城には、光子が付き添っています。

脚気を患っていることを隠していた岩城の余命は、もう長くはないと光子から聞かされ、五郎は泣きました。

亡くなっていた弘哉

裕一のところへ弘哉の母・トキコが訪ねてきた夜、福島から音と華が戻ってきました。

真っ暗な家の中で膝を抱え、座っていた裕一に音が声をかけると…

裕一は、華を見つめて

「すまん。弘哉くんが……亡くなった」

と言いました。

弘哉に思いを寄せていた華が無言で部屋を出ていった後、音が、裕一のせいではないと言うと…

裕一は、音楽で人を戦争に駆り立て、若い人の命を奪うことが、自分の役目だったのかと音に迫り…

「僕は、音楽が憎い」

と言い放ちました。

参照:NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part2

放送前に

「エール」第18週では

■戦場の過酷な実状

■恩師・藤堂と裕一の悲しい別れ

■戦意を高揚させる曲を作ってきた裕一が自責の念に駆られる

などの事が描かれるようになりますね!

重いです! ハッキリ言って重いです!

見た後に朝から爽やかな気分、明るい気分になれるような内容ではないことは間違いありませんよね!?

ですが… ここで描かれる事は、七十何年か前に実際にあったことです!

第18週の「エール」からは、爽やかな気分、明るい気分になる以上の何かが得られるかもしれませんね!?

そして、何かを得られるかどうかは、見る人次第なのだと思います!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第19週(10月19日~10月23日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました