エール第10週(6月1日~6月5日)あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第10週あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第10週(6月1日~6月5日)「響きあう夢」あらすじネタバレ

鉄男、新聞社を辞めて上京してくる

「椿姫」の練習が始まり、主役には抜擢されたものの、技術では千鶴子に敵わない音は、呼吸法や歌うための体作りに取り組み始めました。

ある日、鉄男が仕事を辞めて上京して来ます。

新聞社の社長令嬢との縁談を断ったことなどでいろいろと言われ、嫌気が差したのでした。

裕一は鉄男をコロンブスレコードの廿日市に紹介しますが、取り合ってもらえません。

それは、鉄男が作詞した「福島行進曲」が売れなかったからでした。

そんな時、木枯から裕一に思いがけない話がもたらされます。

木枯が作曲したヒット曲「酒は涙か溜息か」の作詞をした高梨一太郎の詞に曲をつけてほしいというものでした。

それは、「福島行進曲」を聴いた高梨のたっての希望だったのです。

裕一、契約金の返済を求められる

裕一が作曲して譜面を提出した「船頭可愛いや」の作詞家が高梨一太郎だと知った廿日市は、即座にレコード化を決めますが…

同時にこれが最後のチャンスだと裕一に言い渡します。

そして… レコードはまたしても売れず、裕一は、廿日市から契約終了とこれまでに受け取った契約金の返済を求められてしまいます。

裕一と音は、上京以来最大の危機を迎えてしまいました。

双浦環が「船頭可愛いや」を歌い、大ヒットに

音から事情を聞いた双浦環は「船頭可愛いや」を聞くなり

「ねぇ……。これ……私、歌っていいかしら。この曲を私が歌って、もう一度レコードを出すの」

と言い出しました。

優れた音楽を大勢の人に届けたいという思いからです。

と声をあげました。

世界的歌手の双浦環が歌うと聞いて、廿日市はがぜん乗り気になります。

ところが、環が歌うとなると西洋音楽の青レーベルから出すのが筋であり、そのことに青レーベルの中心人物・小山田耕三が異を唱えてきました。

小山田が、自分の立場を脅かす新しい才能を恐れていると見抜いた環は、小山田に反対されても歌うと言いきり…

環が歌った「船頭可愛いや」のレコードが発売されます。

そして、発売されるやいなや大ヒットとなりました。

音が妊娠していることがわかる

一方、音には、記念公演に向けた地道な特訓の成果が表れ始めていましたが… ある日、妊娠していることがわかります。

それでも舞台に立とうとする音に演出家や他の出演者は、困惑を隠せません。

音は、周囲から二言目には、おなかの子に障ると言われることに苛立ちを募らせていきました。

舞台を成功させ、プロの歌手になりたいと訴える音に環は

「プロってね、たとえ子供が死にそうになってても、舞台に立つ人間のことを言うの。あなた、当然その覚悟はあるのよね?」

と言います。

音は絶句して環を見つめました。

裕一と音の子供が誕生

二週間後、音の声量が落ち、息も続かなくなっていると久志から聞かされた裕一は、音に舞台に出るべきではないと言いました。

歌を諦めたくなく、赤ちゃんにも会いたい音は、どうすればいいのかわからなくなっていましたが…

音が夢に全力で向き合える日が来るまで、その夢を預かって育てる。

その代わり、音にはいつか僕の夢をかなえてほしい。

僕が作った曲を音が大きな舞台で歌うという歌を

……という裕一の言葉を聞き、うなずきます。

そして、半年後、古山家に赤ちゃんが誕生しました。

元気な女の子でした。

参照:NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part1

放送前に

「エール」第10週では、世界的歌手・双浦環が、裕一が作曲した曲を歌い、レコードを出すことに小山田耕三が異議を唱え…

環が、小山田が自分の立場を脅かすことになるかもしれない裕一の才能を恐れていることを見抜くという展開がありますね!

これは、大注目の展開ですが…

亡くなられた志村けんさんは、どこまで小山田のことを演じてくださっていたのでしょうかね?

小山田と裕一を巡る展開は、これからまずます面白くなっていくところだったはずですから…

志村さんが突然、新型コロナウイルスに命を奪われてしまったことが本当に残念です!

もし、ウイルスに命を奪われることがなかったら、「エール」でテレビドラマ本格デビューを飾った志村さんの俳優としての活躍も、私たちは見させてもらえたはずだっただろうと思います。

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第11週(6月8日~6月12日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました