2020年春スタート・朝ドラ・「エール」あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
エールのイメージ画像 手から溢れる音符

2020年春スタート「エール」あらすじネタバレ

朝ドラ「エール」とは

2020年3月30日から放送開始となる朝ドラ=連続テレビ小説「エール」とは…

・甲子園球場で行われる夏の全国高校野球選手権の大会歌「栄冠は君に輝く」

・「六甲おろしに颯爽と」というフレーズが有名な「阪神タイガースの歌」(球団名称変更前は「大阪タイガースの歌」)

・「巨人軍の歌(闘魂こめて)」

などの応援歌(=エール)や数々のヒット歌謡曲を作曲した作曲家・古関裕而さんと妻で歌手の金子(きんこ)さんをモデルにした音楽と共に生きた夫婦の物語です。

「エール」あらすじネタバレ

日本が生糸輸出量で世界一となり、急速に近代化を進めていた明治42年、福島の呉服屋に後に数々の名曲を生み出す作曲家となる古山裕一が生まれます。

老舗の呉服屋の跡取りとして育てられた裕一は、少々ぼんやりしていて、周囲からは取り柄がない子供だと思われていました。

ですが、音楽に出会い、その喜びに目覚めた裕一は独学で作曲の才能を開花させてゆきます。

青年となった裕一は一度は音楽を諦めようともしましたが…

家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募し、見事に上位入賞を果たします。

そして、それをきっかけに歌手を目指している女性・関内音と出会った裕一は、彼女と結婚し、不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していきました。

しかし、時代は戦争へと突入し、裕一も軍の要請で戦時歌謡を作曲させられ…

自分が作った歌を歌い亡くなっていく若者の姿に裕一は心を痛めます。

そして、迎えた戦後… 混乱の中でも復興に向かう日本で古山夫妻は、傷ついた人々の心を音楽で勇気づけようと新しい時代の音楽を奏でていきます。

参照:https://www.nhk.or.jp/yell/about/index.html#story

「エール」から朝ドラは週5回放送に!

朝ドラの放送が週6回から週5回に

2020年春から放送開始の「エール」から朝ドラ=連続テレビ小説は週5回の放送になります!

これまでずっと朝ドラ=連続テレビ小説は月曜日から土曜日まで週6回放送され続けてきましたが…

週6回放送は、とりあえず「スカーレット」までで終了となり…

「エール」からは月曜日から金曜日までの週5回の放送になります。

サイトナビ

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました