朝ドラ・エール第96話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第96話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第96話(10月26日放送)あらすじネタバレ

智彦、貿易会社で働こうとしたが…

「長崎の鐘」を書き上げた裕一(窪田正孝)の元には、仕事が殺到します。

楽譜をおいた机を3つ並べて行き来して作曲するなど、意欲的に作曲に取り組む日々を送っていました。

一方、同期の松川(木原勝利)に声をかけてもらった智彦(奥野瑛太)は、ラーメン屋の仕事を辞めて、貿易会社に就職しましたが…。

そんな頃、音(二階堂ふみ)はベルトーマス(広岡由里子)から、オペラ「ラ・ボエーム」のオーディションを受けてみないかと勧められます。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-10-26&ch=21&eid=26053&f=5609

⇒⇒⇒ エール第97話(10月27日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第20週(10月26日~10月30日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

放送前に

智彦は、貿易会社で働き始めようとしますが…

いろいろあって、それを辞め、屋台のラーメン屋を始めるようになるはずです!

で… 元々、そのへんのところは10月23日までの第19週で描かれる予定だったはずですが…

どうやら、第20週にずれこんだようですね!

ですから、第19週と第20週のあらすじネタバレの記事も訂正させてもらいました。

第19週では、「鐘の鳴る丘」に関する物語と「長崎の鐘」に関する物語が描かれるようになっていますから…

その上、智彦が貿易会社で働くのを辞め、屋台のラーメン屋で働くことまで描くのは、きつかったのかもしれないですね!?

エール 第96話 視聴率とトピック

エール 第96話 視聴率 19.5%

10月26日(月曜日)放送の『エール』第96話の視聴率は19.5%でした。

智彦の同期の松川、けっしてイヤな奴ではなかったですね…

あらすじを知った時点では、智彦を貿易会社に誘った同期の松川は、イヤな奴で、自分が智彦を会社に入れてやったことを恩に着せてくるのかと思っていたのですが…

全然そんなわけではなく、松川は思っていたようなイヤな奴ではなかったですね!

ただ、ちょっとラーメン屋のことを見下してはいましたけれども…

その見下しレベルは、世の中一般のレベル程度で、ほとんどの人にとっては許容範囲のものだったと思います。

ですが… そんなレベルの見下し方でもラーメン屋の仕事のたいへんさを知った智彦には、引っかかるものではあったのでしょうが!

智彦は、けっして松川に対して腹が立ち、貿易会社を辞めたわけではなく、ラーメン屋を自分がやるべき事として積極的に選択したんですよね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第97話(10月27日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第20週(10月26日~10月30日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました