朝ドラ・エール第65話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第65話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第65話(6月26日放送)あらすじネタバレ

プリンスとスターの友情

久志(山崎育三郎)や御手洗(古川雄大)がスターを目指して全力で挑戦した「コロンブス専属新人歌手募集」のオーディションの翌日、さっそく新聞で合格者が発表されました。

ところが、発表の内容について、コロンブスレコードで久志(山崎育三郎)や御手洗(古川雄大)、そしてイケメン候補者の寅田熊次郎(坪根悠仁)もかかわってひと悶着(もんちゃく)が起きます。

それというのも…。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-06-26&ch=21&eid=34491&f=5609

⇒⇒⇒ エール第66話(9月14日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第13週(6月22日~6月26日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

放送前に

オーディションには、久志、御手洗以外にもレベルの高い者達が集まっていました!

それにも拘わらず、たった一人の合格者となった男は、久志や御手洗を納得させるような技量の持ち主ではなく…

なんと、合格者=寅田熊次郎は、帝都ラジオ会長の息子だったのです。

自分の人生を賭け、オーディションに挑んだ久志や御手洗が納得できるはずもなく、コロンブスレコードに乗り込んでいきますが…

そこに問題の熊次郎もいて、騒ぎが起こります!

結末は意外なところに落ち着きますが… ライバルとなっていた久志と御手洗の間に友情が芽生えるはずです!

今回の第65話の後、残念ながら、しばらくの間、「エール」は放送休止となり…

当面、「エール」が放送されてきた時間には、第1話からの再放送が行われるようになります。

早く「エール」の続き=第66話以降が見られるようになるといいですね。

エール 第65話 視聴率とトピック

エール 第65話 視聴率 20.4%

6月26日(金曜日)放送の『エール』第65話の視聴率は20.4%でした 。

廿日市、言ってくれましたね!

これまでは、裕一に嫌味を言ったリ、プレッシャーをかけたりといった憎まれキャラに徹してきた廿日市が、前回は、幹部達に言うべきことを言ってくれ…

今回は、コネの力しかないバカ男にピシッとお灸をすえてくれていましたね!

廿日市、やる時はやるじゃないですか!

一番歌のうまいヤツって誰なんでしょう?

その廿日市が言ってた「一番歌のいまいヤツ」って誰なんでしょう?

プリンス久志やスター御手洗よりも少なくとも廿日市は、もっと歌がうまいと評価していた者が、オーディションを受けた者達の中にいたということですよね!

いったい誰なんでしょう?

すごく気になりますね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第66話(9月14日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第13週(6月22日~6月26日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました