朝ドラ・エール第61話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第61話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第61話(6月22日放送)あらすじネタバレ

裕一、オーディションへの応募を久志に勧める

コロンブスレコードと契約して5年が過ぎ、裕一(窪田正孝)はご当地ソングや「大阪タイガース」など球団歌を数多く手がけ、安定した作曲家生活を送っていました。

ある日、裕一は廿日市(古田新太)から「コロンブス専属新人歌手募集」のオーディション合格者のデビュー曲の作曲を依頼されます。

4年前に音楽学校を卒業以来、いまだオペラ歌手としてデビューできていない久志(山崎育三郎)に裕一は、オーディションへの応募を勧めました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-06-22&ch=21&eid=32040&f=5609

⇒⇒⇒ エール第62話(6月23日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第13週(6月22日~6月26日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

放送前に

6月22日からの第13週が終わると、「エール」はしばらくの間、放送休止となり…

その間は、「エール」第1話からの再放送が行われるようになります。

ですから、「エール」第14週が見られるのは、はたしていつになるのか… まだわかっていません。

で… 今週の「エール」ですが、久志がコロンブスレコードと契約するまでの話が中心になってきますが…

音のmusic teacher御手洗も登場します!

久志と御手洗は、ライバルとなりますが… やがて、二人の間には友情が芽生えるようになります。

エール 第61話 視聴率とトピック

エール 第61話 視聴率 20.1%

6月22日(月曜日)放送の『エール』第61話の視聴率は20.1%でした 。

あのプリンスが…

実力があっても成功できず消えていった人というのは、それこそ数えきれないくらいにいるはずですよね。

というか… むしろ、実力に見合う成功をつかめる人の方が少ないくらいなのかもしれませんし…。

間違いなく実力者であり、なおかつ、その実力を上回る(?)揺るぎなき自信も持っているプリンス久志もなかなかデビューのきっかけがつかめず、音楽学校卒業後、四年ももがいていたんですね!

次回は、その久志が、歌に興味を持つきっかけの物語で、子供時代の久志(先週、登場したばかりですね)と藤堂先生が登場します!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第62話(6月23日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第13週(6月22日~6月26日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました