朝ドラ・エール第59話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第59話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第59話(6月18日放送)あらすじネタバレ

パリにやって来た若き日の環

今回と次回は、日本人初の世界的なオペラ歌手となる双浦環(柴咲コウ)がまだ駆け出しだったころの物語です。

環は、スカラ座やオペラ座の舞台に立つことを夢見て、パリに留学に来ていました。

そして、ホームパーティーで、画家を目指す今村嗣人(金子ノブアキ)と出会い恋に落ちます。

環は歌手を、嗣人は画家を夢見る日々…

ある日、環は、友人の里子(近衛はな)から日本人が世界的舞台に立てる最大のチャンスのオペラ「蝶々夫人」の話を聞きました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-06-18&ch=21&eid=28335&f=5609

⇒⇒⇒ エール第60話(6月19日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第12週(6月15日~6月19日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

放送前に

第12週は、ここまで「あの世から帰ってきた安隆の話」「保と恵のなれ初めの話」ときていましたが…

今回と次回は、パリを舞台にした若き日の双浦環のお話です!

上記のように環は、恋に落ちますが…

恋に落ちても、そこは環は環…

次回、恋人から、ある選択を迫られた環は、私達が知る双浦環ならば、そういう選択をするだろうという選択をします!

若い頃から環は環であり…

舞台がパリであっても、やっぱり環は環です!

エール 第59話 視聴率とトピック

エール 第59話 視聴率 20.6%

6月18日(木曜日)放送の『エール』第59話の視聴率は20.6%でした 。

目は口ほどに…

「目は口ほどにものを言う」と言いますが…

今回の嗣人の目は、たしかに口以上にものを言っていましたね!

環がチャンスを掴もうとしていることを知って、口では、それを祝うようなことを言っていながら…

あの目は… 環の成功を望む者の目では絶対にありませんよね!

で… 次回、嗣人は、ああいう目をした男らしい(器の小さな男らしい)ことを言い出しますが…

環は、さすが環な選択をします!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第60話(6月19日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第12週(6月15日~6月19日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました