朝ドラ・エール第53話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第53話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第53話(6月10日放送)あらすじネタバレ

浩二、裕一に対して冷たい態度をとる

久しぶりに実家に帰ってきた裕一(窪田正孝)を囲んで、幼なじみの史郎(大津尋葵)や元従業員の大河原(菅原大吉)など、三郎(唐沢寿明)が招いた懐かしい仲間たちが集まって宴会が始まります。

皆が楽しく飲んでいるさなか、弟の浩二(佐久本宝)が役場の仕事から帰宅しました。

浩二は相変わらず裕一に冷たく、三郎がお酒を飲んでいる事にも苛立っているようです。

そして、音(二階堂ふみ)は、三郎の体調が悪そうなことに気付いていました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-06-10&ch=21&eid=22037&f=5609

⇒⇒⇒ エール第54話(6月11日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第11週(6月8日~6月12日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

放送前に

浩二が裕一に対して冷たい態度をとるのは、まあ、無理もないことですよね。

なにしろ悪く言ってしまえば、「喜多一」や実家のことを捨てるようにして裕一は東京に行ってしまったわけですからね。

もちろん裕一は、必死に自らの人生を切り開いていったわけですが…

浩二が裕一のことを許せないのは、それはそれで仕方がないことでしょう。

ですが… 浩二が、父・三郎が酒を飲んでいる事に苛立っていたのは、裕一たちを歓迎し、宴会を開いたことが気に入らなかったからというわけではありません。

音は三郎の体調が悪そうなことに気付くようですが…

三郎は胃がんになっていて、もう手のほどこしようがない状態だったのです。

エール 第53話 視聴率とトピック

エール 第53話 視聴率 20.7%

6月10日(水曜日)放送の『エール』第53話の視聴率は20.7%でした。

浩二、本当に怒っていますね!

つかんでいる事前情報によれば、三郎が旅立つ前に浩二の裕一に対するわだかまりを解いてくれるはずなんですが…

それを知っていても、本当にわだかまりが解けるのかが心配になってくるほど、浩二は裕一に対して怒っていますね!

情報を知っていても、なお心配になってきてしまいました!

昌子さん、いい仕事してますね!

藤堂先生と父親の間のわだかまりも、またなかなかのものみたいでしたが…

その二人の間で昌子さんが、いい仕事していましたね!

息子である藤堂先生に対しては、消せないわだかまりがあるらしい父親も昌子さんには…

でも、あの頑固そうな親父さん、昌子さんの離婚歴とかには文句は言わなかったんですかね?

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第54話(6月11日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第11週(6月8日~6月12日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました