朝ドラ・エール第51話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第51話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第51話(6月8日放送)あらすじネタバレ

裕一、藤堂から校歌づくりを頼まれる

裕一と音の娘・華が生まれて4か月が経ちました。

音(二階堂ふみ)は炊事洗濯や育児に追われたいますが、裕一(窪田正孝)は作曲よりも娘に夢中の毎日をすごしています。

作曲のために出かけた喫茶バンブーでも、裕一は仕事そっちのけで、保(野間口徹)や恵(仲里依紗)、お客さん相手に娘のかわいさを自慢する始末でした。

そんなある日、恩師の藤堂先生(森山直太朗)から福島の小学校の校歌を作曲して欲しいという手紙が届きます。

裕一は音に励まされ曲をつくるのですが…。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-06-08&ch=21&eid=20979&f=5609

⇒⇒⇒ エール第52話(6月9日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第11週(6月8日~6月12日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

放送前に

今回、裕一は恩師・藤堂から小学校の校歌づくりを依頼されますが…

その校歌の完成披露会に出席することになり…

福島に帰ることになります。

そして、福島に帰った裕一は、実家に戻りますが…

ネタバレしてしまいますと、裕一の父・三郎は、今週、天に旅立つことになります!

三郎最後の一週間、見逃せません!

エール 第51話 視聴率とトピック

エール 第51話 視聴率 22.0%

6月8日(月曜日)放送の『エール』第51話の視聴率は 22.0%でした。

裕一、そりゃ悩みますよね!

福島に帰ること… というか、実家である古山家に帰るという決断が、裕一はなかなかできずにいましたね!

でも、それは、そうですよね。

なにしろ、古山家を捨てるようなかたちになって、裕一は東京に出てきたわけですからね!

それでも、結局、裕一は福島に帰ることにしましたが…

ネタバレしていますように三郎の命は、もう残り僅かとなっています。

ですから、今回、福島に帰ることを決断したおかげで、裕一は三郎が生きているうちに会うことができたということになりますかね。

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第52話(6月9日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第11週(6月8日~6月12日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました