朝ドラ・エール第44話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第44話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第44話(5月28日放送)あらすじネタバレ

鉄男に冷たい態度をとる希穂子

音(二階堂ふみ)の記念公演の最終選考まであと僅かとなりました。

選考に向けて必死に練習する時期に、音がカフェーで働いたり、結婚もしていることをはじめて知って、千鶴子(小南満佑子)は「私のすべてをかけて、プリマドンナを勝ち取って見せる」と宣言します。

一方、鉄男(中村蒼)は再会した希穂子(入山法子)をたずねてカフェーにやって来ました。

しかし、ちゃんと話がしたいと話す鉄男に、希穂子は冷たい態度をとります。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-05-28&ch=21&eid=11767&f=5609

⇒⇒⇒ エール第45話(5月29日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第9週(5月25日~5月29日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

放送前に

時間に遅れ、選考会の一次審査を受けられなくなりそうだった音に助け舟を出してくれた千鶴子が、ここに来てプリマドンナを勝ち取って見せると宣言するというのは…

音のことをライバルとして認めたということなのでしょうかね?

もしも、そうだとすれば、千鶴子を本気にさせるだけの何かを音が持ちつつあるということになりますね。

そして、鉄男に対して冷たく、そっけない態度をとる希穂子ですが…

彼女がそんな態度をとるのは、実は鉄男のことを思えばこそなのですが…

そんな希穂子と鉄男のことを目の当たりにしたことが、音に大きなものを与えることになっていきます!

エール 第44話 視聴率とトピック

エール 第44話 視聴率 21.3%

5月28日(木曜日)放送の『エール』第44話の視聴率は21.3%でした 。

裕一のプロ作曲家デビューはめでたいことなのですが…

鉄男の詞「福島行進曲」を作曲し…

裕一がついにプロ作曲家としてのデビューを飾ったことは、めでたいことのはずなんですが…

この「福島行進曲」がヒットしないこと…

そして、裕一が契約解除を言い渡され、契約金の返金を求められてしまうことを知っているだけに裕一のデビューを素直に喜ぶことができません!

とはいえ… 「福島行進曲」があったからこそ、「船頭可愛いや」の作曲を頼まれ…

当初は、その「船頭可愛いや」も売れなくても… 双浦環が改めて歌った「船頭可愛いや」がヒットするというように…

「福島行進曲」でデビューを飾ったことによって、裕一の運命が開けていくようにはなってくるんですけれどもね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第45話(5月29日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第9週(5月25日~5月29日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました