朝ドラ・エール第43話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第43話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第43話(5月27日放送)あらすじネタバレ

音、カフェーで働き始める

音(二階堂ふみ)は、 記念公演の最終選考に向けて、男女の機微を実践で学ぼうと、男女の社交場であるカフェーで一週間の臨時雇いで働くことにしました。

音の夢に協力したくてカフェーで働くことを許した裕一(窪田正孝)でしたが、音のことが心配で仕方がありません。

そして、たまたま古山家にやって来た鉄男(中村蒼)に頼み込んで、カフェーに様子を見に行ってもらうことにします。

ところが、音と一緒に働いている希穂子(入山法子)を見て、鉄男は、なぜか驚いていました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-05-27&ch=21&eid=11084&f=5609

⇒⇒⇒ エール第44話(5月28日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第9週(5月25日~5月29日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

放送前に

今回から音がカフェーで働き始めますが…

そのカフェーで女給として働いていた希穂子は、鉄男がつきあっていた女性でした!

しかし、希穂子は、突然、鉄男の前から姿を消してしまっていたのです!

今週(第9週)の「エール」は、裕一のプロの作曲家としてのデビューが描かれることになりますが…

鉄男と希穂子の物語は、裕一のプロ作曲家デビューと大きく関わってきます!

そして、さらに… 鉄男と希穂子の物語は、音の成長を促すことにもなります!

なぜならば…

裕一のプロ作曲家としてのデビューを飾ることになる曲は、鉄男が希穂子のことを思って書いた詞に裕一が曲をつけたものになりますし…

音は、鉄男と希穂子のことを見ていて男女の機微がわかるようになり、表現力を高めることができるからです!

ですから、今回の鉄男と希穂子の再会は、「エール」の物語の中で実に重大な意味を持つものとなっているわけです!

エール 第43話 視聴率とトピック

エール 第43話 視聴率 21.0%

5月27日(水曜日)放送の『エール』第43話の視聴率は21.0%でした 。

鉄男、社長からえらく見込まれていたんですね

鉄男は、新聞社の社長から非常に気に入られていたんですね!

もっとも、社長に後継者にと見込まれたことが鉄男にとってはマイナスに働いてしまったのかもしれませんがね。

ネタバレしてしまいますと、結局、鉄男は、縁談などに嫌気がさし、会社を辞めてしまうんです。

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第44話(5月28日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第9週(5月25日~5月29日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました