朝ドラ・エール第40話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第40話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第40話(5月22日放送)あらすじネタバレ

裕一、「紺碧の空」を完成させる

裕一(窪田正孝)は、 早稲田大学の応援団長(三浦貴大)から、早稲田を応援する気持ちをなぜ持ち続けられるのか、その想いを聞きました。

そして、自分が音楽をはじめた頃の気持ちを取り戻した裕一は、応援歌「紺碧の空」の作曲に取り組みまみ…

あっという間に曲を書きあげてしまいます。

今や売れっ子になった木枯(野田洋次郎)に、もう一度頑張ってみると話した裕一は、早慶戦の当日、音(二階堂ふみ)と一緒に野球場で早稲田を応援しました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-05-22&ch=21&eid=07284&f=5609

⇒⇒⇒ エール第41話(5月25日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第8週(5月18日~5月22日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

放送前に

「紺碧の空」を裕一が書きあげるまでには…

自信満々だった交響曲を小山田先生に見向きもされずに裕一が自信喪失したり…

音が豊橋に帰ったりと、いろいろなことがありましたが…

裕一が、自分に足りなかったものが何かに気づき…

「紺碧の空」を完成させました!

一皮剥けた裕一の快進撃がこれから始まるような気がしますね!

ですが… 裕一を演じている窪田正孝さんが

「裕一を見ていると、「せっかく1歩進んだのに、なんでまた5歩くらい下がっちゃうんだ!?」と感じることが多い」

と『NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説エール Part1』で語っておられましたから、まだまだ安心はできないかもしれませんけれどもね!

エール 第40話 視聴率とトピック

エール 第40話 視聴率 21.8%

5月22日(金曜日)放送の『エール』第40話の視聴率は21.8%でした 。

小山田先生の心中は…?

自分が昔、作曲した応援歌ではなく裕一が作曲した応援歌「紺碧の空」での応援に早稲田の者達が力を入れ…

早稲田の早慶戦勝利に結びついたことを知り、小山田先生はどういう心境だったのでしょうかね?

きっと内心穏やかではなかったのではないかと思いますが…

今後も小山田先生の登場が楽しみですが…

志村けんさんが突然亡くなられてしまったことが本当に残念で仕方がありません。

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第41話(5月25日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第8週(5月18日~5月22日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました