朝ドラ・エール第39話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第39話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第39話(5月21日放送)あらすじネタバレ

音、豊橋で裕一のことを相談する

裕一(窪田正孝)の曲がなかなか採用されず自信をなくす中、音(二階堂ふみ)は書き置きを残して豊橋に帰りました。

裕一が東京で動揺している一方、音は豊橋で、光子(薬師丸ひろ子)や吟(松井玲奈)、梅(森七菜)、そしてはじめて会う吟の婚約者・鏑木智彦(奥野瑛太)に裕一のことを相談します。

そして… 以前は、音のために曲をつくっていた裕一が、曲を誰かのために作らなくなってしまっていたためにうまくいかなくなっているのだと音は気づきました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-05-21&ch=21&eid=06730&f=5609

⇒⇒⇒ エール第40話(5月22日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第8週(5月18日~5月22日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

放送前に

吟の婚約者・鏑木は軍人です。

そして、関内家の人たちと一緒に裕一のことを真剣に考えてくれた鏑木は…

自分たちは、大切な人々のためにだから戦うことができるが、裕一は誰のために曲を作るのかということを音に問います。

鏑木からそう問われたことで音は、裕一の曲づくりがうまくいかなくなっている理由にきづきました。

そしてそして… 音のアシストがあって、今週の裕一は「紺碧の空」を完成させることができます。

そしてそしてそして… 来週は裕一の曲が初めて採用され、ついにレコード化されることになるんです!

エール 第39話 視聴率とトピック

エール 第39話 視聴率 21.7%

5月21日(木曜日)放送の『エール』第39話の視聴率は21.7%でした 。

裕一が殻を破りそうですね!

早稲田の応援部の団長・田中の思いを知り、それを受け止めた裕一は、どうやら応援歌「紺碧の空」を作れそうですね!

そして、自己主張のためにではなく、誰かのために曲は作るのだということに気付き、どうやら裕一は,殻を破りそうですね!

次回、そして、来週は一皮剥けた裕一の活躍が見られるはずです!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第40話(5月22日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第8週(5月18日~5月22日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送休止をNHKが発表 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました