朝ドラ・エール第35話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール

エール 第35話(5月15日放送)あらすじ(ネタバレ)

手のひらから零れる音符 エール第35話のイメージイラスト

裕一、小山田耕三に会う

裕一 (窪田正孝) は、 自分がコロンブスレコードと専属作曲家として契約できたのは、尊敬する小山田耕三(志村けん)からの推薦があったからだと知りました。

ある日、裕一は、コロンブスレコードのサロンで偶然見かけた小山田に意を決して話しかけますが、あらためて自分がまだ曲を出せていない現実に直面します。

そして、裕一は、早く結果を出さないと小山田の顔に泥を塗ることになると、以前にも増してとりつかれたように仕事に没頭するようになりました。

一方、音(二階堂ふみ)は音楽学校の記念公演「椿姫」の主役選考会にチャレンジします。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-05-15&ch=21&eid=01930&f=5609

⇒⇒⇒ エール第36話(5月18日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第7週(5月11日~5月15日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

放送前に

亡くなった志村けんさんが演じておられた小山田耕三は既に登場していましたが…

今回の第35話で裕一と初めて直接会うことになりますね!

小山田耕三を演じる志村さんを見て、あらためて、その存在感の大きさを感じ…

お亡くなりになられたことを非常に残念に感じていましたが…

少なくとも、今回の第35話では、志村さん演じる小山田と裕一が初めて会うシーンを観させていただくことができますね!

これは、もう本当に見逃すわけにはいきませんね!

もしも、志村さんがお亡くなりにならなければ…

「エール」の展開が進んでいくと、裕一の才能に嫉妬するようになった小山田を演じる志村さんを観させていただくことができていたはずです。

おそらく、そこまでの収録はまだ行われていなかったのではないかと思いますので、そのシーンは観られぬままになってしまうと思いますが…

その場面は、私達の頭の中で(想像力で)補完していくしかないんでしょうね…。

エール 第35話 視聴率とトピック

エール 第35話 視聴率 21.3%

5月15日(金曜日)放送の『エール』第35話の視聴率は21.3%でした 。

小山田先生、なぜ裕一を推薦したんでしょうか?

今回も志村けんさん演じる小山田先生が凄い存在感を放っていましたね!

裕一にはトラウマになりそうな小山田先生との初対面でしたが…

それにしても、小山田先生は、どのような考えで裕一をコロンブスレコードに推薦したのでしょうか?

まさか西洋音楽の作曲家としての裕一の才能を大衆向けの曲を作らせることでツブそうとしたというわけではないですよね?

小山田先生の意図を知りたいですが…

それがわかるところまで収録が進む前に志村けんさんはお亡くなりになってしまったのかもしれませんね…。

そうだとすれば残念なことですが…

きっと制作者の方たちが、そのへんのところをフォローしてくださることでしょう1

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第36話(5月18日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第7週(5月11日~5月15日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 小山田先生と裕一 山田耕筰と古関裕而 はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

  1. ぽん より:

    し、志村けんさんってもう登場してたんですか!?
    どこで登場したか教えて下さい!

    • 管理人にゃんた より:

      志村けんさんの初登場は5月1日放送の第25話でしたよ!

タイトルとURLをコピーしました