朝ドラ・エール第30話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール

エール 第30話(5月8日放送)あらすじ(ネタバレ)

手のひらから零れる音符 エール第30話のイメージイラスト

裕一、大きな決断をする

川俣の教会で、音(二階堂ふみ)と幼なじみの鉄男(中村蒼)から音楽を続けるように心からお願いされた裕一(窪田正孝)は、あらためて自分の音楽の道と家族のために権藤家を継ぐ道との間で思い悩みます。

権藤家を訪れた裕一は、祖母の八重(三田和代)と茂兵衛(風間杜夫)の話を偶然聞いてしまいました。

彼らの考えを知って、自分が幸せになるために大切なことは何かに気づいた裕一はある重大な決断をします。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-05-08&ch=21&eid=30651&f=5609

⇒⇒⇒ エール第31話(5月11日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第6週(5月4日~5月8日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

今回、裕一が偶然聞いてしまい、知ってしまう八重と茂兵衛の考えとは…

裕一は、次の後継者ができるまでの中継ぎにすぎないということです。

裕一を演じる窪田正孝さんは

「裕一を見ていると、「せっかく1歩進んだのに、なんでまた5歩くらい下がっちゃうんだ!?」to

感じることが多い」

と「NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 エール Part1」に掲載されているインタビューの中で語っておられます。

たしかに裕一は、せっかく1歩進んでも、その後に5歩下がっちゃうようなところがあり、見ていてイライラするところもありますが…

そんな裕一も今回は、祖母と伯父の本音を知って、大きな決断をするようですね!

その決断は、5歩も10歩も… 一気に前に進んでいくような決断です!

エール 第30話 視聴率とトピック

エール 第30話 視聴率 21.0%

5月8日(金曜日)放送の『エール』第30話の視聴率は21.0%でした 。

祝福されないどころか…

1歩進んでも5歩下がっちゃうような裕一が、今回は一気に進みましたね!

周囲から祝福されないどころか… 非難されまくっても自分の進んだ道に踏み出しましたね!

朝ドラの主人公らしからぬメンタルの弱さが目立ちまくりの裕一ですが…

やる時は、やっちゃうんですね!

メンタルが弱くはない人間でも、あれだけ非難されまくったら、心が挫けてしまいそうですが…

実は裕一、メンタルがすごく強いところもあるんでしょうかね?

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第31話(5月11日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第6週(5月4日~5月8日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました