朝ドラ・エール第22話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール

エール 第22話(4月28日放送)あらすじ(ネタバレ)

手のひらから零れる音符 エール第22話のイメージイラスト

裕一を訪ねてきた怪しい男

イギリスへの留学をまもなくにひかえた裕一(窪田正孝)が突然姿を消した福島では、家族が裕一を探しまわっていました。

三郎(唐沢寿明)は、川俣の裕一の下宿を訪れて、裕一が音に会いに豊橋に向かったとあたりをつけます。

一方豊橋では、関内家に滞在する裕一を訪ねて、鶴亀寅吉という人物がやってきます。

光子(薬師丸ひろ子)は鶴亀の言動を怪しみますが…。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-04-28&ch=21&eid=22785&f=5609

⇒⇒⇒ エール第23話(4月29日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第5週(4月27日~5月1日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

裕一が突然いなくなってしまったことによって福島では大騒ぎになってしまったようですが…

それは、まあ当然ですよね。

なにしろ社会人が行く先も告げずにいなくなってしまったわけですからね…。

で、今回は、その誰にも行く先を告げずに豊橋にやって来た裕一のことを訪ねて鶴亀寅吉なる怪しい人物が関内家やって来るわけですが…

裕一が関内家にいることをどうやって知ったんでしょうかね?

裕一の関内家滞在が近所中の評判にでもなっていたのでしょうか?

でも、それって関内家が女性ばかりの家族であることを考えるとまずそうですよね…。

エール 第22話 視聴率とトピック

エール 第22話 視聴率 20.6%

4月28日(火曜日)放送の『エール』第22話の視聴率は20.6%でした 。

古館さん、怪しい男が似合ってますね!

古館伊知郎さん演じる怪しい男・鶴亀寅吉が登場しましたが…

いかにも胡散臭く、怪しい男に古館さんハマりすぎるくらいにハマっていましたね!

「エール」制作統括の土屋勝裕さんは古館さんの軽妙な語り口が鶴亀役にピッタリと思って古館さんにオファーを出されたと明かしておられますが…

確かに古館さんピッタリですね!

有能ではない三郎ですが…

「白い巨塔」「不毛地帯」… それに朝ドラでも「とと姉ちゃん」と唐沢寿明さんが有能な男、キレる男を演じておられるところをたくさん見てきましたが…

今回の「エール」では有能には程遠い三郎を唐沢さん見事に演じておられますよね!

で… 有能ではない三郎の魅力を今回は菊池桃子さん演じる妻・まさが語ってくれていましたが…

裕一の行方に当たりをつけ、豊橋に即座に行ってしまうところは、なかなかどうして有能でしたね!

三郎を無能な男とナメてかかってはいけませんね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第23話(4月29日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第5週(4月27日~5月1日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました