朝ドラ・エール第2話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール

エール 第2話(3月31日放送)あらすじ(ネタバレ)

手のひらから零れる音符 エール第2話のイメージイラスト

老舗呉服屋の長男として生まれた裕一

明治42年、福島の県下有数の老舗呉服屋「喜多一」の店主・古山三郎(唐沢寿明)とまさ(菊池桃子)に、待望の長男・裕一が誕生しました。

三郎は大喜びで当時はまだ珍しいレジスターを奮発して買ってしまったほどです。

それから10年が経ち… 両親の愛情をたっぷり受けて育った裕一(石田星空)は、不器用で内気な少年で、同級生からはいじめられがちでした。

そして、乃木大将と呼ばれるガキ大将の村野鉄男(込江大牙)にも裕一は目をつけられてしまいます。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-03-31&ch=21&eid=33739&f=5609

⇒⇒⇒ エール第3話(4月1日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第1週(3月30日~4月3日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

裕一は明治42年に福島の老舗呉服屋の長男として生まれましたが…

その裕一の両親を演じるのは唐沢寿明さんと菊池桃子さんですね!

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」で共演した山口智子さんと結婚され…

近年では朝ドラ「とと姉ちゃん」で主人公たちを支える名物編集者・花山を演じられた唐沢さんは…

これで昭和、平成、令和の全時代に朝ドラに主要登場人物として出演されたことになりますね!

そして、菊池さんはたしか朝ドラ初出演ではないかと思いますが…

ほんわかと温かなお母さんを演じてくれることは間違いないだろうと思います!

「エール」は昭和の時代に人々を音楽で勇気づけた夫婦の物語なわけですが…

まずは、唐沢さんと菊池さんがどのようなハーモニーを奏でてくれるのかが物語序盤の大きな楽しみになりそうですね!

エール 第2話 視聴率とトピック

エール 第2話 視聴率 19.1%

3月31日(火曜日)放送の『エール』第2話の視聴率は19.1%でした 。

第2話は落ち着いて観ることができました

第1話のページのこの欄にはかなり辛辣なことを書いてしまいましたが…

第2話は落ち着いて観ることができました。

第1話の私には素直に受け入れることができなかった導入部も…

人によって評価はまちまちだったようで…

必ずしもネガティブな評価ばかりというわけではなかったようですね?

私は少し頭が固すぎるのかもしれませんが…

そんな頭が固い人間にも第2話は落ち着いて観ることができました。

そして、自分の気持ちを普通に表現することができずにいる裕一を応援していきたくなりました。

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第3話(4月1日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第1週(3月30日~4月3日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました