朝ドラ・エール第114話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第114話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第114話(11月19日放送)あらすじネタバレ

華がリハビリを担当することになった相手は…

職場の先輩が結婚するという話を聞いてから、自分を変えたいと思い、恋人探しをはじめた華(古川琴音)でしたが、出会う男性はピンとこない人ばかりでした。

アメリカの大学で医療の勉強をしてきた外科医に、リハビリテーションの話を聞いた華は、自分の仕事にしたいと思い、院長にリハビリに挑戦させてほしいと願い出ます。

そして、ロカビリー歌手のアキラ(宮沢氷魚)のリハビリを引き受けることになりましたが…。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-11-19&ch=21&eid=08646&f=5609

⇒⇒⇒エール第115話(11月20日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒エール第23週(11月16日~11月20日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

放送前に

職場の先輩が結婚することになったと聞き、これまで母・音が持ってくるお見合い話を断り続けてきた華が、急に慌て出します!

無理もありません。華は二十四歳になっていますが…

現在とは違い、この時代の二十四歳というのは、そろそろ結婚していないと婚期を逃してしまうと思われていた年齢だったからです!

で… 急に結婚を意識しだしても、そう簡単にはピンとくる男性と巡り合えずにいた華が…

ケガで入院していたロカビリー歌手・アキラのリハビリを担当することになりますが、これが華にとって運命的なこととなります!

エール 第114話 視聴率とトピック

エール 第114話 視聴率 20.0%

11月19日(木曜日)放送の『エール』第114話の視聴率は20.0%でした。

華の恋の進行は早かったですね!

華の恋の進行は、実に早かったですね!

ですが… 昔は、結婚するまで相手の顔もろくに知らなかったとか…

結婚するまで一度も会ったことがなかったとか、そういう人たちもたくさんいて…

ましてや華がアキラと出会った昭和三十年代は、そういう人達が周囲にたくさんいた時代ですから…

華の恋の進行速度の速さも実は全然驚くようなものではなかったのかもしれませんね!

サイトナビ

⇒⇒⇒エール第115話(11月20日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒エール第23週(11月16日~11月20日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました