朝ドラ・エール第109話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第109話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第109話(11月12日放送)あらすじネタバレ

浩二の複雑な心境

裕一(窪田正孝)は浩二(佐久本宝)に頼まれて、「高原列車は行く」の作曲のために、しばらく福島に滞在することになりました。

ある日、浩二は畠山リンゴ園の会合で、娘のまき子が親戚の会社で経理の仕事をするために、東京に出ることを知り、複雑な心境になります。

これまでいつも断っていたまさ(菊池桃子)が持ってくる見合いの話を、浩二は「行ってもいいよ」と言い出しますが…。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-11-12&ch=21&eid=03401&f=5609

⇒⇒⇒エール第110話(11月13日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒ エール第22週(11月9日~11月13日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

放送前に

浩二が複雑な心境になってしまうのは、まき子のことが好きなのに戦争で恋人を亡くした彼女のことを思うと、何も言うことができずにいるためですが…

それでも、浩二には、悩んでいる時間はあまりありません!

なぜならば、まき子の東京行きが迫っていますし…

次回の第110話では、既に浩二は、まき子と結婚しているはずだからです(笑)

エール 第109話 視聴率とトピック

エール 第109話 視聴率  19.4%

11月12日(木曜日)放送の『エール』第109話の視聴率は19.4%でした。

浩二の結婚ももしかしたら…

今回、浩二の恋の話が始まったと思ったら、次回には浩二はもう結婚しているはずですが…

もしも、コロナ禍がなく、当初の予定通りに「エール」が全130回の放送になっていたら、もしかしたら浩二の結婚はもう少しジックリ描かれたんでしょうかね?

もしも、そうだとしたら、実際に描かれた浩二の恋・結婚の話もテンポがよくて非常によかったかもしれませんが…

もう少しジックリ時間をかけて描かれた浩二の恋・結婚も見てみたかったような気がします!

あと… 「長崎の鐘」にまつわる話ももう少しジックリ描かれたものが見てみたかったような気がしています!

サイトナビ

⇒⇒⇒エール第110話(11月13日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒ エール第22週(11月9日~11月13日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました