朝ドラ・エール第107話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール
手のひらから零れる音符 エール第107話あらすじネタバレのイメージイラスト

エール第107話(11月10日放送)あらすじネタバレ

鉄男、子供の頃のことを語り出す

裕一(窪田正孝)は、鉄男(中村蒼)と作った母校の福島信夫小学校の校歌のお披露目会に出席するため、鉄男と一緒に福島に向かいました。

福島の実家で、久しぶりに母・まさ(菊池桃子)とリンゴ栽培を福島に広める仕事に取り組む弟・浩二(佐久本宝)と顔を合わせた裕一は、お互いの近況を報告し合います。

楽しそうな一家のやりとりを笑顔で見ていた鉄男は、その夜、子供の頃に夜逃げした後の話を裕一に語り始めました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-11-10&ch=21&eid=02286&f=5609

⇒⇒⇒ エール第108話(11月11日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第22週(11月9日~11月13日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

放送前に

子供の頃に夜逃げをした後の鉄男にいったい何があったのかが、明かされることになりますね。

実は鉄男の弟は、子供の頃からずっと行方知れずになってしまっていましたが…

鉄男は、小学校の校歌を作詞したことが、きっかけとなり、行方知れずだった弟との再会を果たすことになります!

そして、鉄男は、今回、福島を訪れたことによって、弟との再会を果たしただけではなく…

長年、自分は家族を守れなかったと思い込み、そのために心の中に持ち続けてきた重荷からも解放されるようになります!

そんな鉄男の様子がどのように描かれたのか、じっくり見させてもらいたいと思います。

エール 第107話 視聴率とトピック

エール 第107話 視聴率 19.6%

11月10日(火曜日)放送の『エール』第107話の視聴率は19.6%でした。

鉄男、校歌作ってよかったですね…

今回は、鉄男の話を聞いた小学生の男の子が、家に帰り、床屋をしている父親に「校歌を作詞した有名人」の話をあいたところで終りましたが…

この床屋をしている父親が、行方知れずになってしまった鉄男の弟だというのは、たぶん今回の「エール」を見ていた人100人の内の99人にはわかりましたよね!

で、実際、そのとおりである事が次回の第108話ではわかります!

鉄男は弟と再会をはたし、家出をした弟が、床屋の主人となるまでの間に何があったのかも明かされるはずですよ!

鉄男が弟と再会できたのは、母校の校歌を裕一と一緒に作ったからこそなわけですから…

校歌を作って本当によかったですよね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第108話(11月11日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第22週(11月9日~11月13日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ「エール」の放送は11月28日まで はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました