朝ドラ・エール第10話あらすじネタバレ

エールのイメージ 青空に音符エール

エール 第10話(4月10日放送)あらすじ(ネタバレ)

手のひらから零れる音符 エール第10話のイメージイラスト

音の学芸会の日

先行きが不透明な馬具店と取引しようとする業者はほとんどなく、関内家は事業継続のピンチを迎えます。

それでも明るくふるまう光子(薬師丸ひろ子)でしたが、心配した三姉妹は知恵をだしあって、あるものを見つけ出します。

一方、学校では音(清水香帆)の学芸会が近づいていました。

明るく練習する音とは対照的に、かぐや姫を演じる良子(田中里念)はなぜかうかない顔です。

良子は学芸会当日、思いもよらぬことを言いました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-04-10&ch=21&eid=06921&f=5609

⇒⇒⇒ エール第11話(4月13日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第2週(4月6日~4月10日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

今回は音の姉・吟が、契約書を探し出すことを思いつき…

さらに見つけ出した契約書に契約を破棄した時には違約金が生じる事が書かれていることを見つけ…

そのおかげで関内家はピンチを切り抜けられるようになります。

また、学芸会の方でも意外な展開があり…

今週のサブタイトルは「運命のかぐや姫」ですが、音が急遽かぐや姫を演じることになり…

その事が音に歌手を強く志すようにさせるはずです。

つまり今回の第10話は関内家にとっても音にとっても非常に大きな意味を持つ事が起こる回となりますので、これは見逃せません!

エール 第10話 視聴率とトピック

エール 第10話 視聴率 20.1%

4月10日(金曜日)放送の『エール』第10話の視聴率は20.1%でした。

四人で一緒に生きていく

光子は亡き夫・安隆に家族四人で力を合わせ、生きていくことを誓っていましたが…

子供のことをちゃんと一人前の人間として見ていることが素敵だと思いました。

親は親というだけで子供より立場が上で…

男は男というだけで女より立場が上…

そう思い込んでいる愚者が多い中で関内家は本当に素敵な家庭ですね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ エール第11話(4月13日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ エール第2週(4月6日~4月10日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒「エール」トップページはこちらから

※「エール」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『エール あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました