スカーレット第5週(10月28日~11月2日)あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット
朝ドラ スカーレット第5週あらすじネタバレ用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

スカーレット第5週(10月28日~11月2日)あらすじネタバレ

圭介の恋を応援する荒木荘の人々

恋をした圭介のことを荒木荘の人々が応援することになりました。

ゴンの飼い主が「歌える喫茶・さえずり」の常連とわかり、喜美子の調べによって圭介が恋した女性の名が泉田あき子だということ…

さらに、あき子の父=庄一郎が経営していた会社を息子に譲り、悠々自適の日々を送っているということもわかりました。

仲介役となった喜美子は「さえずり」で庄一郎に圭介をあき子に会わせたいと直談判しますが、全く相手にしてもらえません。

しかし… 雄太郎に教えられたとおりに喜美子が、「さえずり」を出た庄一郎を追いかけ、「い・が・く・せ・い・!」と伝えると…

その日の夕方、あき子が圭介を訪ねて荒木荘にやって来ました。

予期せぬあき子の訪問に焦ってしまった圭介を見て喜美子は笑ってしまいましたが…

圭介とあき子の会話が弾み出すと、喜美子の気持ちは沈んでいきました。

圭介、荒木荘を出る

圭介と交際し始めたあき子は、喜美子の存在が気になって仕方がありません。

そして、あき子が「荒木荘を出て」と求めると、圭介は抵抗を感じながらも、それを断ることはできませんでした。

荒木荘を出て大学の寮に移ることにしたと圭介に突然告げられた喜美子は、驚いてその理由を尋ねます。

すると圭介は、荒木荘を出るのがあき子の希望によってであることを明かした上で

「喜美ちゃん好きや。妹みたいに大事に思てる」

とやさしい言葉をかけてくれました。

そして… 喜美子の淡い恋に終止符が打たれました。

喜美子、草間と再会する

学校で絵を学びたいと考えていた喜美子は、ちや子に相談に乗ってもらい、いくつかの候補から最も活気にあふれ、意欲的な美術研究所を選びました。

週三日の絵画コースで学んでも荒木荘の仕事と両立できるということで、さだの了承も得ることができました。

学費は内職代を貯めておいたものから捻出できそうです。

ちや子の勧めで絵画研究所の特別講師で世界的芸術家のジョージ富士川のサイン会に行った喜美子は、そこで草間との再会をはたします。

サイン会場には香港の美術商も来ていて、草間はその通訳をしていたのです。

場所を「さえずり」に移し、積もる話をするうちに喜美子は、草間が妻の行方を捜していたことを思い出しました。

妻を見つけていた草間

草間は既に妻・里子の居場所を見つけていました。

なんと里子は「さえずり」がある商店街の外れで小さな食堂を営んでいたのです。

ですが… 里子が男性と一緒に暮らしていることを知った草間は、里子に声をかけることができずにいました。

うつむき、悄然としている草間を見て喜美子が

「お互いに礼ですよ礼! 相手ときちんと向き合って、お互いに礼して!」

と草間流柔道の教えを引用し、喜美子が背中を押すと…

草間は重い腰を上げ、里子が営む店に入っていき… 一切口は出さないという約束をした喜美子も後から店に入り、別の席に着きました。

里子は、すぐに草間に気づきましたが… 草間は何も言わぬまま食事を終えると判を押した離婚届と「幸せに」と書いたメモを人目につかないように席に残し、店を出ます。

草間は、吹っ切れた様子で、その足で住まいがある東京に帰っていきました。

荒木荘に戻った喜美子が電話に出ると、聞こえてきたのは

「喜美子か……お母ちゃんが倒れた」

という父・常治の緊迫した声でした。

参照:NHKドラマガイド 連続テレビ小説 スカーレット Part1

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第6週(11月4日~11月9日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました