スカーレット第4週(10月21日~10月26日)あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット
朝ドラ スカーレット第4週あらすじネタバレ用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

スカーレット第4週(10月21日~10月26日)あらすじネタバレ

喜美子が新聞社にスカウトされる!?

荒木商事の下着ショーは無事に終了しました。

その後、喜美子は、ちや子から思ってもみなかった話を聞かされ、目を丸くします。

よく気がきく喜美子の働きぶりを気に入った新聞社の編集長・平田が五倍の給料で彼女のことを雇おうと言っているというのです。

夜、荒木荘では、圭介と雄太郎も交え、喜美子の転職について話し合いが行われ、皆、家族のように親身になって一緒に考えてくれました。

喜美子は、お金のありがたみをよく知っているだけに新聞社の給料のよさに心惹かれますが、職場との相性も大事だという雄太郎の提案に従い、新聞社=デイリー大阪で試しに数時間働かせてもらうことにしました。

そして、喜美子が編集部で頼まれた雑用をしていた時、競合他社とのネタ争いが勃発します。

その途端、ちや子は別人のように勇み立ち、男性顔負けの迫力で飛び出していきました。

荒木荘で働き続けることに決めた喜美子

荒木荘では、俳優を目指している雄太郎が映画出演が決まって大喜びしていました。

台詞は「うわー」の一言だけでしたが、「今はお金より夢や」と喜んでいる雄太郎を見て、夕食の支度をしていた喜美子は胸をつかれます。

夜、仕事を終えた喜美子は夢中になって絵を描き、時折、手を止め自問自答します。

そして、深夜、ちや子が帰宅した時には、喜美子は荒木荘で女中の仕事を続けることに決めていました。

大久保にまだ認められていないのに途中で女中の仕事を投げ出したくなかったのです。

川原家のお金が盗まれてしまう

信楽では、常治が雇った二人の若者が川原家のなけなしの金とラジオを盗んで逃げるという事件が起こっていました。

そして… 喜美子の給料を前借りするつもりで常治が荒木荘にやって来ます。

黙々と働く喜美子のことを見て、その健気さに常治は胸をつまらせますが、目が合うと虚勢を張り、偉そうな態度をとってしまいます。

そこにやって来た大久保は、喜美子がよく頑張っていることを常治に伝え、喜美子にやらせていたストッキングの繕いが安い給料を補うためのない職だったことを初めて明かし…

これまでの内職代をその場で喜美子に渡してくれました。

喜美子は、大久保の計らいに感謝し、帰途に就く常治にその内職代のほとんどを渡します。

夏、大久保は引退し、奈良に住む娘のもとに引っ越していき… 喜美子は一人で荒木荘の仕事をしていくことになりました。

圭介、恋をする

昭和三十年、喜美子が荒木荘で働き始めて二年半が過ぎていました。

荒木商事は大手の下着会社に吸収され、さだは独立し下着デザイナーを育成する仕事を始めていました。

喜美子は二つの問題に直面していました。一つは、雄太郎が下宿代を滞納していることです。

雄太郎は、初めての映画出演以降、全く映画出演の機会を得られず収入がありません。

そして、もう一つの問題は、ゴンという名の犬を散歩させている強面の男が、ゴンの糞の始末をしないことです。

喜美子が、そのことをこぼすと、圭介は「任しとけ」と言ってくれます。

そして、荒木荘の前で圭介がゴンを連れた男が来るのを待っていると…

いつもの強面の男ではなく、上品できれいな若い女性がゴンを連れて通りかかり、圭介に会釈をしました。

この時から、この女性に圭介は恋をしてしまいます。

恋をした圭介に協力を申し出た喜美子でしたが… なぜかその胸はチクチクと痛んでいました。

参照:NHKドラマガイド 連続テレビ小説 スカーレット Part1

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第5週(10月28日~11月2日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました