スカーレット第14週(1月6日~1月11日)あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット
朝ドラ スカーレット第14週あらすじネタバレ用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

スカーレット第14週(1月6日~1月11日)あらすじネタバレ

八郎には順調に仕事が入るようになっていたが…

1969年(昭和44年)1月、常治が亡くなり、ジョージ富士川が川原家にやって来てから3年以上が経ちました。

八郎は陶芸展で金賞を取り、順調に個展や注文制作といった仕事が入るようになり、喜美子はそんな八郎を支えることに専念していましたが…

信作は、そんな二人のことを本来の夫婦で陶芸に取り組む姿になっていないと指摘します。

陶芸家として行き詰っていた八郎

喜美子はたまに自由な作風で陶芸をしていましたが… 釉薬の知識を喜美子が身につけてきたことに対して八郎は複雑な想いを抱いていました。

実は思ったように作品作りができずに悩み、陶芸家としての自分の才能に限界を感じるようになっていたのです。

若い女性・三津の弟子入り

八郎が若い弟子を辞めさせたところに陶芸家になる夢を持ち、日本各地で多くの陶芸作品を見てきた松永三津という東京出身の女性が、喜美子と八郎のところにやって来ます。

弟子入りを希望する三津に対して八郎は難色を示しましたが…

陶芸のことを熱心に勉強してきた三津に心動かされた喜美子は、八郎のためにも良かれと思って三津の弟子入りを後押しします。

そして、三津は弟子入りをはたし、川原家に住み込むようになり、マツや百合子とも馴染んでいきました。

信作と百合子が…

これまで何人もの女性と付き合ってはきたものの結局、その誰ともうまくいくことがなかった信作でしたが…

百合子との距離をいつの間にか急速に縮め始めていたようです。

放送前に

陶芸家を目指す女性・松永三津が弟子入りを希望し、それを認められて川原家に住み込むようになりますが…

どうやら、この三津の存在が喜美子と八郎にとって非常に大きなものとなっていくようですね!

三津という喜美子よりも若い女性が川原家に住み込むようになったことで男性としての八郎の心がどのように動くことになるのか?

そして、「弟子」という存在が加わる事によって陶芸家としての喜美子と八郎の歩みがどんな影響を受けていくことになるのか?

とにかく「スカーレット」の世界が三津の登場によって大きく動き始めることは間違いなさそうです!

「スカーレット」前半は良くも悪くも常治によって引っ張られてきた(引っ掻き回されてきた)ところが大きかったと思いますが…

今後しばらくの間は三津によって「スカーレット」の物語に様々なものがもたらされることになりそうです!

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第15週(1月13日~1月18日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました