スカーレット第13週(12月23日~12月28日)あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット
朝ドラ スカーレット第13週あらすじネタバレ用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

スカーレット第13週(12月23日~12月28日)あらすじネタバレ

喜美子27歳、長男・武志4歳

1965年(昭和40年)、27歳になった喜美子と八郎の間には4歳の長男・武志がいました。

陶芸家として独立した八郎は、作品作りに勤しんでいましたが、生活をしていくのに十分なだけの収入を得るには至っていません。

それで喜美子は、食器作りに励み、それで得られる収入で家計を支えていました。

常治の体調が悪くなり…

常治の体調が悪化していて、もう長くは生きられない状態だということがわかりました。

喜美子たち家族は、衝撃を受けますが… 常治を励ますために家族みんなで絵付けをして皿を作ります。

そして、その皿に信作たちの心尽くしの松茸御飯が盛られました。

直子が男性を連れて帰って来た

常治の葬儀が終わった後、東京で働く直子が男性を連れて川原家に帰って来ました。

常治のことを連絡してもこれまで帰ってこなかった理由を喜美子が問い詰めると、直子は涙を溢れさせながら事情を語り始めます。

そして、直子は東京の会社を辞めて連れてきた男性と一緒に大阪で商売を始めるつもりだということを明かし、家族を唖然とさせました。

ジョージ富士川登場!

常治は亡くなりましたが… 喜美子は気丈に振る舞っていました。

そこに、あの世界的芸術家・ジョージ富士川が現れます!

放送前に

視聴者から嫌われっぱなしで…

私も「愛すべきダメ男」ではない「愛せないダメ男」などと酷評してきまった常治でしたが…

ご存知のとおり、最近は「愛すべき男」になってきていました!

ですが… 「愛すべき男」になってきたなと思った途端… 上記のように12月23日から始まる第13週で、常治とはお別れになります!

せっかく常治が「愛すべき男」になってきてくれていたのに… 残念です!

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第14週(1月6日~1月11日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました