スカーレット第12週(12月16日~12月21日)あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット
朝ドラ スカーレット第12週あらすじネタバレ用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

スカーレット第12週(12月16日~12月21日)あらすじネタバレ

陶芸展に出品する作品作りに打ち込む八郎

1960年(昭和35年)の正月、喜美子は八郎がいる商品開発室に通っていました。

八郎は陶芸展に出品する作品作りと大野夫妻から年末に頼まれた珈琲茶碗作りに追われています。

陶芸を八郎から教わり始めたばかりの喜美子でしたが、どうしても八郎の力になりたく… 大野夫妻のカフェ用の珈琲茶碗作りに挑みます。

本格的に陶芸に取り組むのは初めての喜美子でしたが、集中力を発揮して見事に珈琲茶碗を作り上げて八郎を驚かせました。

そして、完成させた珈琲茶碗がお金になったことに喜美子は喜びを感じます。

家を増築する常治

陶芸展で八郎が入賞することが喜美子と八郎の結婚の条件になっていましたが…

それにもかかわらず常治は、陶芸展の結果が発表される前から喜美子と八郎の結婚を前提とした家の増築に着手していました。

そして… 八郎は見事、陶芸展に入賞し、喜美子と八郎の結婚準備が始まります。

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第13週(12月23日~12月28日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました