朝ドラ・スカーレット第88話あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第88話(1月16日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第88話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

喜美子、作陶に集中する

八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)の親密さが気になる喜美子(戸田恵梨香)でしたが、そんな気持ちを押し殺し発注を受けた200枚の小皿作りを始めました。

三津は集中して作陶する喜美子の姿に圧倒され、八郎も喜美子の才能を認めて自分以上だと評価していると思わず明かします。

一方、喫茶店を訪れていた八郎の元に柔道着姿の照子(大島優子)と信作(林遣都)が帰ってきました。

そして、照子に投げ飛ばされた信作が八郎に泣きつき、結婚の条件を明かします。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-01-16&ch=21&eid=13516&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第89話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第15週(1月13日~1月18日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

八郎と三津が親密そうにしているところを見てしまって胸中穏やかではなくなった喜美子が、その不安を押し殺すように作陶に集中し…

その集中の凄まじさが八郎、三津を圧倒するようですね!

喜美子が陶芸家として一人前となる原動力が、八郎との間に亀裂が入り始めたことになるのでしたら…

陶芸家・川原喜美子が独り立ちするためには、八郎との関係が破たんすることが必要だったということになってしまうのでしょうか?

もしも、そうだとしたら… 陶芸家として独り立ちするという自己実現を果たした喜美子は幸福だったということになるのでしょうか?

それとも、陶芸家として独り立ちはできなくても八郎と穏やかに暮らし続けることができた方が喜美子は幸福だったのでしょうか?

それはきっと喜美子本人にもわからないでしょうね。

スカーレット 第88話 視聴率とトピック

スカーレット 第88話 視聴率 18.3%

1月16日(木曜日)放送の『スカーレット』第88話の視聴率は18.3%でした 。

八郎と三津のことを勘繰りすぎましたかね…?

私も含めた「スカーレット」視聴者の多くは、「スカーレット」の物語は実在の女性陶芸家・神山清子さんの人生を参考に作られていることを知っていて…

なおかつ神山清子さんの夫が女性の弟子と不倫をしたこと、神山清子さんが離婚をされたことを知っていますので…

「スカーレット」でも八郎が三津と関係を持つようになるという「朝ドラ」らしくない展開があるのではないかと予想してしまい…

三津を魔性の女なのではないかと疑ってしまっていましたが…

どうも三津は、そういう女性ではないようですね!

ですが… 三津が八郎に対して想いを寄せるようになることは確かなのですが…。

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第89話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第15週(1月13日~1月18日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました