朝ドラ・スカーレット第85話あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第85話(1月13日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第85話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

喜美子に大量の食器の注文が入る

銀座での個展に向けた作品作りに八郎(松下洸平)は行き詰っていましたが…

弟子となった三津(黒島結菜)は無邪気に前向きな意見で八郎の背中を押します。

そんな中、喜美子(戸田恵梨香)に大量の食器注文の話が舞い込みました。

家計の見通しがたち、喜美子は八郎の苦労を思いやって、個展への出品を取りやめるよう助言します。

ですが、八郎は礼をいうも、答えを濁したままです。

そして、そんな時、八郎に思わぬ手紙が届きました。

一方、酔った百合子(福田麻由子)が「結婚する」と言い始めます。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-01-13&ch=21&eid=12064&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第86話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第15週(1月13日~1月18日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

弟子になった若い女性・三津が喜美子と八郎にとって危険な存在になっていくことは間違いありませんが…

「若い女性」というだけではなく、三津の八郎に対する言動が喜美子とは正反対になっていることも三津が危険な存在となる要因になっているみたいですね!

銀座での個展に向けた作品作りに行き詰った八郎に対して…

三津は無邪気に前向きな意見を出し…

喜美子は個展に向けての作品作りを辞めるように言う。

見事なまでに正反対ですよね!

この事がきっと八郎の心が揺れてしまい、喜美子と八郎の間が危なくなってくる大きな要因となってくるのでしょう。

作品作りに行き詰っていた八郎が求めていたのは、「無理して作品作りをしなくてもいいよ」という言葉ではなく「頑張っていい作品作ってください」という励ましだったのでしょうね!

スカーレット 第85話 視聴率とトピック

スカーレット 第85話 視聴率 17.5%

1月13日(月曜日)放送の『スカーレット』第85話の視聴率は17.5%でした 。

武史がテレビをめちゃくちゃ欲しがっていましたが…

武史がめちゃくちゃテレビを欲しがって、そのことを八郎にアピールしていましたね!

でも、それは当然だと思います!

なにしろ昭和44年のテレビの普及率は、二人以上の世帯では95%を超えていました!

ですから、武史の同級生たちの家もほとんどテレビがある家ばかりだったはずです!

それなのに川原家にテレビがないというのは、武史があんまりかわいそうです!

今回、喜美子は、作品がよく売れるようになって川原家の暮らしが楽になったことを八郎に感謝していましたが…

95%以上の家にあるテレビがないままでは、大人はともかく子供の武史がかわいそうです!

暮らしに余裕があるんだったら、是非テレビを早く買ってやってください!

おそらく武史の同級生たちは、自分の家でみんな「ウルトラマン」や「ウルトラセブン」を見ていたはずなのに…

武史はそれを見れていなかったのでしょう!

これは、本当にかわいそうすぎることなんです!

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第86話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第15週(1月13日~1月18日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました