朝ドラ・スカーレット第77話あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第77話(12月27日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第77話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

直子が商売を始めると宣言

東京から帰ってきた直子(桜庭ななみ)は勤めていた会社を辞め、連れてきた同僚・鮫島(正門良規)と大阪で商売を始めると宣言し、喜美子(戸田恵梨香)たち家族を閉口させました。

そして、八郎(松下洸平)からジョージ富士川(西川貴教)が信楽で実演会を行うことを聞く喜美子でしたが当日、武志が熱を出し、喜美子が残って看病することになります。

一方、信作(林遣都)に呼び出された百合子(福田麻由子)は待ち合わせ場所で肩を抱き寄せられて…

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-12-27&ch=21&eid=34809&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第78話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第13週(12月23日~12月28日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

直子がいきなり同僚の男を連れて信楽に帰ってきたと思ったら…

その男と一緒に大阪で商売を始めるつもりだといきなり言い出しました!

これは、ビックリの急展開ですが…

もしも、常治が生きていて元気でいたらいったいどうなっていたでしょうか?

いきなり鮫島を殴り飛ばし、直子のことは「ハレンチさん」と呼んでいたでしょうか?

そして… 百合子の方にもまたビックリの展開が待っているようですが…

こちらの方も、もしも常治が生きていて元気だったらどうなっていたでしょうか?

……なんていうふうにすぐに考えてしまうのは、常治のことを「愛すべき男」として好きになってしまっていたからなのかもしれませんね。

さんざん「愛せない男」とか「ダメ男」とか言って常治のことをコキおろしてきてしまいましたが…

いつの間にか、そんな常治のことが好きになってしまっていたということなのでしょうか…。

スカーレット 第77話 視聴率とトピック

スカーレット 第77話 視聴率 19.9%

12月27日(金曜日)放送の『スカーレット』第77話の視聴率は19.9%でした 。

直子は常治似!?

直子は自分がこうと思いついたことは周囲に相談もしないですぐに実行してしまうタイプのようですが…

それって、喜美子の意思と無関係に勝手に大阪での就職を決めてきてしまったり、勝手に喜美子を信楽に戻すつもりで動いてしまったりした常治とよく似ているということになるかもしれませんね!

実際、直子は根拠もないくせに始めもしないうちから商売が当たるつもりになっているところも常治にソックリだったようですし!

直子が常治によく反発していたのは二人が似た者同士だったからなのかもしれないですね!

百合子と信作はまだビックリの展開ではなかったですね…

百合子と信作はまだビックリの展開でもなんでもなかったですね…

今のところは… 

でも、年明けには本当のビックリが待っているようですが…

ジョージ富士川の川原家来訪

世界的芸術家・ジョージ富士川の川原家来訪は喜美子にとって最大級のサプライズだったですね!

ここでジョージ富士川と会ったことが喜美子の人生にどんな影響を与えることになるのか?

注目しておきましょう!

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第78話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第13週(12月23日~12月28日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました