朝ドラ・スカーレット第76話あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第76話(12月26日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第76話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

常治の葬儀が終わって…

常治(北村一輝)の葬儀が終わり、喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)は久しぶりに落ち着いて言葉を交わしました。

武志が生まれて以来、すれ違いがちだった二人は本音でぶつかり合い、互いの想いを確認して夫婦の絆を深めます。

しばらくして東京で働く直子(桜庭ななみ)が見知らぬ男・鮫島(正門良規)を連れて信楽に帰ってきました。

喜美子が直子に常治の死に目に立ち会わなかった事情を問い詰めると直子の涙が溢れ、ある事実が明らかになります。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-12-26&ch=21&eid=33498&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第77話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第13週(12月23日~12月28日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

ようやく「愛すべき男」になってきてくれたと思った常治でしたが…

第76話では既に亡くなっていて、その葬儀が終わったところから始まるようです。

考えてみれば、常治は戦地で大野の命の恩人になり…

心に栄養が足りない状態になっていた草間を家に連れてきたりしていたのですから…

常治は本来は元々「愛すべき男」だったのかもしれませんね。

その「愛すべき男」が、思ったように家族を幸せにしてやることができずに忸怩たる思いをし続けているうちに「困った男」になり「愛せない男」になってしまっていたのでしょうか?

でも、やっぱり常治の本質は「愛すべき男」であり、人生の終盤では、またその本質を感じさせるようになっていたということなのかもしれません。

スカーレット 第76話 視聴率とトピック

スカーレット 第76話 視聴率 19.1%

12月26日(木曜日)放送の『スカーレット』第76話の視聴率は19.1%でした 。

常治に会いに来なかった直子

直子が常治に会いに来なかった理由がわかりましたね。

でも、せめて葬儀には間に合うように帰ってきてもよかったのではないかと思いしたが…

葬儀に帰ってきて目を閉じてしまった常治に会ってしまったら、それまで弱ってしまった常治に会わないようにしていた意味がなくなってしまうと考えたのでしょうね。

ですが… あのようなかたちでいきなり家族と鮫島を会わせてしまうというのはいかがなものでしょう?

それこそ、もしも常治が生きていたら何を言っていたでしょうかね?

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第77話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第13週(12月23日~12月28日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました