朝ドラ・スカーレット第73話あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第73話(12月23日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第73話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

喜美子27歳、長男・武志4歳

昭和40年夏、喜美子(戸田恵梨香)は27歳になり、八郎(松下洸平)との間には4歳になる息子・武志が生まれていました。

八郎と喜美子は丸熊陶業から独立して自宅脇に作業場「かわはら工房」を建設し、八郎が作品づくりにいそしむかたわらで喜美子も陶器製品を量産して家計を支えていましたが…

武志の世話はむしろ八郎が多く担っているほどでした。

ある日、照子(大島優子)が川原家を訪ねてきます。

そして、喜美子には内緒で八郎に常治の秘密を告げました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-12-23&ch=21&eid=31858&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第74話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第13週(12月23日~12月28日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

喜美子と八郎の結婚がようやく決まったと思いましたら…

月日は、あっという間に流れ、喜美子は27歳になり、八郎との間に生まれた長男の武志は4歳になっていました!

陶芸家として歩み始めていた八郎ですが… 作品作りで生活していくのに十分な収入を得るまでには至っておらず…

喜美子が食器を作ることによって、なんとか生活を支えているようで… ちょっと… いえ、かなり先行きが心配です!

陶芸展で入賞した先輩の作品が高額で売れるようになっているという話をしていた八郎でしたが…

残念ながら、昭和40年の時点では、まだ彼の作品はそんなに売れるようにはなっていないようです。

売れるようになっていないということは、人の心を動かせるような作品が八郎にはまだ思うように作れていないということなのでしょうか?

そして… 照子が、喜美子には内緒で常治の秘密を八郎に伝えるようですが…

ネタバレしてしまいますと、常治は体調を悪くしていて… もう長くは生きられません!

スカーレット 第73話 視聴率とトピック

スカーレット 第73話 視聴率 18.4%

12月23日(月曜日)放送の『スカーレット』第73話の視聴率は18.4%でした 。

喜美子の現実逃避

照子からもたらされた常治の病気についての情報を八郎が話そうとした時…

喜美子は、それを聞く事を拒んでしまっていましたね!

イヤなこと、知りたくないことの情報を遮断してしまおうとするのは現実逃避以外のなにものでもないですが…

それだけ喜美子が父・常治を愛していたということですよね!

「愛せないダメ男」だのなんだのと私も常治のことは、ボロクソに言ってきてしまっていましたが…

常治に人生をイロイロと振り回されたように私達には見えていた喜美子が、それだけ常治のことを愛していたということは…

やっぽり常治は「愛すべき男」だったということなんですよね。

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第74話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第13週(12月23日~12月28日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました