スカーレット 第7話 喜美子、借金取り相手にピンチ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第7話(10月7日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第7話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

喜美子、借金取り相手にピンチ

川原家に押しかけた借金取りたちは、家の中に上がり込んでしまいます。

そして、不在の父・常治(北村一輝)が帰るまで借金取りは居座り、喜美子(川原夕空)たちが相手をすることになってしまいました。

喜美子は借金取りを強引に追い返そうと考えますが、借金取りにも幼い娘がいることを明かされ戸惑います。

そして食べ物を巡って、妹・直子が借金取りに噛みついて一騒動になってしまい、借金取りが激怒して喜美子たちは大ピンチになってしまいました。

その頃、常治は信楽に戻って友人の大野(マギー)と密談中でした。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-10-07&ch=21&eid=07491&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第8話(10月8日) 常治の男の意地はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第2週(10月7日~10月12日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

借金取りたちに家の中に上がりこまれてしまい、喜美子たち川原家は大弱りです。

そして、常治が帰るまでは居座り続けるという借金取り達を食べ物(ゆでたまご)をめぐって直子が激怒させてしまい…

喜美子たちは大ピンチに陥ります!

ですが、その頃、常治は大野と話をしていて、まだまだ帰ってきそうにありません!

で、この喜美子たちのピンチに現れ、彼女たちを救ってくれるのは…

元川原家の居候=草間です!

でも… 喜美子たちは今回のピンチからは草間によって救われますが…

川原家をピンチに陥らせた元凶は、よくよく考えてみれば実は借金取りたちではなくて、常治なんですよね!

常治が大阪でした借金を踏み倒したまま信楽に逃げてこなければ、借金取りたちが川原家に押しかけてくることもなかったわけですからね!

そんな困った男=常治が今後もいかに困った男ぶりを発揮していってくれるのか、注目しておきたいと思います!

スカーレット 第7話 視聴率とトピック

スカーレット 第7話 視聴率 19.7%

10月7日(月曜日)放送の『スカーレット』第7話の視聴率は19.7%でした。

返せない借金をした常治が悪い!?

草間が立て替えてくれた千円を引いてもまだまだ常治がした借金は残っているようですね。

常治は、事業で儲かったら、借りた金を倍にして返すくらいのことを言っていたようですが…

昭和22年頃は、現在では考えられないくらいの急激なスピードで物価が上がっていましたから…

金を貸した側にしてみれば、仮に本当に倍にして金を返してもらっても、返すまでに何年もかかっていると、実質的には返してもらった金の価値は目減りしてしまっていた可能性が高いです。

ましてや、金を返せずに行方をくらまされてしまったりしたら… やっていられませんよね。

ですから、常治のような男に金を貸した側が災難だったと思います。

返せないような借金をしても結局自分も金を貸してくれた相手も不幸になるだけだと思いますが… 常治にはそれを理解してもらいたいところですね!

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第8話(10月8日) 常治の男の意地はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第2週(10月7日~10月12日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました