朝ドラ・スカーレット第66話あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第66話(12月14日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第66話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

八郎の作品作りが思うようにいかない

常治(北村一輝)から結婚への条件として課された八郎(松下洸平)の陶芸展での受賞を叶えるため、喜美子(戸田恵梨香)は八郎を支えながら陶芸練習に勤しみました。

ですが、作品作りは思うようにいかず、出品期限が近づきます。

喜美子は八郎を気分転換に信作(林遣都)の実家で、開店間近のカフェに誘います。

すると信作が見知らぬ女性と一緒にいるところを目撃し、さらに珈琲茶碗作りを大野夫妻から頼まれてしまいます。

陶芸展の期限が迫っている八郎に負担をかけてはいけないと喜美子は、それを断ろうとしました。

しかし、八郎は 珈琲茶碗作りを 引き受けてしまいます。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-12-14&ch=21&eid=24900&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第67話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第11週(12月9日~12月14日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

陶芸展の出品期限が迫ってきているのに八郎は、なかなか納得がいく作品を作ることができず、壁にブチ当たっているようです!

陶芸展での受賞が喜美子との結婚の条件になったことは、八郎にとってモチベーションアップの材料にもなりそうですが…

逆にプレッシャーの元にもなってしまいそうですね!

で… 思うように作品作りができずにいる八郎を気分転換のつもりでカフェを開店予定の大野夫妻のところに喜美子が連れていきますが…

そこで頼まれた珈琲茶碗の制作を陶芸展の期限が迫っているにもかかわらず八郎は受けてしまったわけですが…

それが八郎にとってプラスになってくれたらいいのですが… はたしてどうなるのでしょうかね?

スカーレット 第66話 視聴率とトピック

スカーレット 第66話 視聴率 19.2%

12月14日(土曜日)放送の『スカーレット』第66話の視聴率は19.2%でした 。

喜美子の深読みと八郎の心理

八郎は大野夫妻から珈琲茶碗を作ってくれと頼まれ、陶芸展の出品期限が迫っているのにもかかわらずにそれを受けてしまいましたが…

喜美子は、八郎が依頼を受けてしまったのは、陶芸展に出品する作品作りがうまくいっていないことからの逃げなのではないかと思っていたようですね!

なかなか鋭い読みをした喜美子ですが…

八郎が珈琲茶碗作りを受けたのは、自分の作品が評価してもらえたことが嬉しかったからだったということでしたね!

次週(第13週)は、八郎の作品作りが順調にはいかず、喜美子もなんとか手助けをしようと必死になりますが…

その一方で、常治が意外な動きを見せてくれます!

これまで視聴者から厳しい評価ばかりをされてきた(そうなるのが当然のことをたくさんしてきた)常治が、最近は評価を上昇させつつありますが…

常治の元気な姿を見ることができるのは、実はもうあと僅かな間だけです……。

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第67話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第11週(12月9日~12月14日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました