朝ドラ・スカーレット第65話あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第65話(12月13日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第65話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

喜美子と八郎の結婚に条件が…

八郎(松下洸平)の話を聞いた常治(北村一輝)は、喜美子(戸田恵梨香)との結婚に向けた条件を出します。

それは八郎が陶芸家になる夢を捨てて、丸熊陶業の社員として働き続けることでした。

自分のように経済的な負担を喜美子にかけてほしくないと訴えたのです。

八郎はその条件を承諾しましたが、納得できない喜美子が常治に反論をしました。

そして、家族を巻き込んだ口論が展開される中、八郎がある宣言をして常治を納得させることに成功します。

喜美子と八郎の二人三脚の挑戦が始まりました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-12-13&ch=21&eid=23821&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第66話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第11週(12月9日~12月14日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

八郎が宣言したのは、陶芸展で受賞することができたら喜美子との結婚を許してほしいということでした。

陶芸展で受賞できるようならば、陶芸家として生活していける道が開けてくるはずだからです。

そして… 陶芸展での受賞を目指しての喜美子と八郎の挑戦が始まるわけです!

これまでさんざん困った父親ぶりで喜美子の足を引っ張ってきた常治ですが…

今回も喜美子の前に立ちはだかるようにはなるわけですが、これまでとはちょっと様相が違っていますよね!

頑固さ、甲斐性のなさ、先を見る力のなさ等々で常治はこれまで喜美子の足を引っ張り続けてきたわけですが…

今回は、まともに喜美子の将来の安定した暮らしを求め、喜美子と八郎の前に立ちはだかることになったわけですからね!

八郎に経済的な安定を求めたのは、常治は常治なりに自分の至らなさを自覚していたためであり…

父親の甲斐性のなさで苦労をさせてしまった喜美子に今度は夫の甲斐性のなさで苦労をさせたくはなかったということなのでしょう。

スカーレット 第65話 視聴率とトピック

スカーレット 第65話 視聴率 20.0%

12月13日(金曜日)放送の『スカーレット』第65話の視聴率は20.0%でした 。

夢の中の現実

人の心を動かせるような作品が作りたくて陶芸家を目指している八郎ですが…

陶芸展に入賞した先輩の作品が何万円もの値段で売れているという現実的なことも把握し…

陶芸家として生活をしていくための道筋をそれなりに考えてはいたようですね!

まあ… 人はパンのみで生きるわけではありませんが、パンなしで人は生きていけませんから当然のことなんですけれどもね。

ですが… かなり先のことのネタバレになってしまいますが… 陶芸展で入賞をはたした者の作品がみな高値で売れるようになるというわけではないという現実が八郎には待っているんですが…

今は、まだそんな先のことは考えずに陶芸展入賞を目指す八郎を応援するとしましょう!

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第66話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第11週(12月9日~12月14日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました