スカーレット第32話(11月5日)喜美子、常治と対立する

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第32話(11月5日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第32話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

喜美子、常治と対立する

喜美子(戸田恵梨香)の帰郷を聞きつけた仲間たちが集まって大宴会が開かれました。父・常治(北村一輝)が荒木荘に喜美子が辞める連絡をしたことがわかり、喜美子は大阪で働きながら、美術学校に行く夢を明かします。

しかし川原家に響く不協和音を治める役目を喜美子に期待する常治は、喜美子の夢を頑として認めようとしません。

喜美子も折れず、仲たがいしたまま翌日を迎えます。

そして、再び大阪に戻るつもりで家を出た喜美子でしたが、道中、信作(林遣都)と出くわし、驚きの事実を聞きます。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-11-05&ch=21&eid=30396&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第33話(11月6日)喜美子、川原家の窮状を知る はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第6週(11月4日~11月9日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

あまりにも勝手で、喜美子が自らの夢を見つけ、それに向かい努力しようとしていても、それを平気でブチ壊しにかかる常治…

私は、実は北村一輝さんという俳優のことは好きなんですが、どうしても、その北村さんが演じる常治のことは好きになれません!

もっとも、この時代、女性の進学や社会進出に対し、全く否定的で、それこそ

「女に学問はいらん」

「女が上の学校なんか行ってどうするんじゃ」

くらいのことを言って、その偏狭な考え方で能力ある女性、自らの夢を見つけた女性の未来を潰していった男は何百万といたんだとは思いますけれどもね。

私はフェミニストでもなんでもありませんが…

それでも自分の娘の未来を潰しにかかっているようにしか見えない常治のことは、やっぱり好きになれません。

ですが… 喜美子が信楽に戻り、丸熊陶業で働くようになったからこそ結果的には、女性陶芸家としての彼女の人生が開けていくんですけれどもね…。

スカーレット 第32話 視聴率とトピック

スカーレット 第32話 視聴率 19.6%

11月5日(火曜日)放送の『スカーレット』第32話の視聴率は19.6%でした 。

常治を早く「愛されるダメ人間」にしてください!

常治がダメ人間であることには、不満はありません!

実際、世の中には、家族を不幸せにしてしまうダメ人間はいっぱいいます!

ですが… 常治が「愛せないダメ人間」であることには大いに不満があります!

朝ドラの前作「なつぞら」では、なつの周囲の人々が、なつを応援し、彼女の力になってくれる人ばかりでしたが…

それとは、対照的に「スカーレット」の常治は、喜美子や子供たちの足を引っ張るようなことしかしていませんよね!

べつに「なつぞら」みたいにヒロインの周囲の人々が、みんなヒロインをアシストしてくれるようなドラマばかりを作ってほしいなんて思いはしません!

常治が、これからもヒロイン喜美子の足を引っ張ったとしても、それはいいんです!

ただ… ダメ人間でなくなる必要はありませんが、常治には「愛されるダメ人間」になってほしいんですよね!

今のままでは、常治は「愛せないダメ人間」です!

もちろん、それが常治を演じている北村一輝さんの責任ではないことは言うまでもありませんね。

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第33話(11月6日)喜美子、川原家の窮状を知る はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第6週(11月4日~11月9日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました