スカーレット第20話(10月22日)喜美子、新聞社で働く

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第20話(10月22日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第20話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

喜美子、新聞社で働く

喜美子(戸田恵梨香)は荒木荘で女中をしながら、新聞社でも試しに働き始めました。

職場の清掃や、お茶出しが主な仕事です。

男ばかりの同僚に負けじと、勇ましい女性記者ちや子(水野美紀)の仕事ぶりに喜美子は圧倒されます。

荒木荘に戻ると、役者志望の住人・雄太郎(木本武宏)が映画出演が決まったと喜んでいました。

「お金よりも夢が大事」という雄太郎の言葉と、深夜まで働きづめのちや子に触発され、喜美子は自分の将来を見つめ直します。

そして、深夜まで考えていましたが…

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-10-22&ch=21&eid=19114&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第21話(10月23日) 川原家のお金が盗まれる はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第4週(10月21日~10月26日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

給料の高さに心を動かされ、新聞社で試しに働き始めた喜美子ですが…

そのまま、スンナリ荒木荘の仕事を辞め、新聞社で働き始めるという展開にはなりません。

まあ、それはそうですよね。そんな展開になってしまったら、荒木荘の人々と喜美子の出会いはいったいなんだったんだということになってしまいますからね。

で、喜美子は結局、荒木荘で働き続けるという選択をするわけですが…

喜美子のことを評価し、必要だとしてくれた新聞社で働くことを選択せず…

常治に頼まれ、仕方なく喜美子のことを雇うことにした荒木荘で働き続けるという選択をしてしまうというのは…

正直、どうなのかなと思ってしまいますが…

ヒロインがそのような選択をすることを私たち視聴者が納得できるように描いてくれるのかどうかを注目させてもらいましょう!

スカーレット 第20話 視聴率とトピック

スカーレット 第20話 視聴率 13.9%

10月22日(火曜日)放送の『スカーレット』第20話の視聴率は13.9%でした 。通常より15分前に放送時間がずれた影響で「スカーレット」放送開始以来の最低視聴率になってしまいました。

新聞社では必要とされていたが…

結局、喜美子は新聞社で働くことにはせず荒木荘で働き続けることにするわけですが…

喜美子がそういう選択をしたことは理解できます。できるんですが…

荒木荘で喜美子が働くことになったのは、常治が無理やり頼みこんだ結果であり、なおかつ荒木荘では一度はクビ(雇用取りやめ)になりかけたわけですよね。

それに対して、新聞社では必要とされ、請われていたのに、そこで働くことをやめてしまうというのは、なんだかもったいないように思えます。

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第21話(10月23日) 川原家のお金が盗まれる はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第4週(10月21日~10月26日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました