スカーレット 第2話 喜美子、土が売り物になると知る

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第2話(10月1日放送)あらすじ(ネタバレ)

syカーレットドラマガイド

喜美子、土が売り物になると知る

昭和22年9歳の喜美子(川島夕空)は父の常治(北村一輝)母のマツ(富田靖子)二人の妹と共に大阪からやってきました。

転入した小学校に向かう途中、喜美子は野生のタヌキに出くわします。

そして、タヌキの後をつけていくと、地面を掘り返す男(村上ショージ)がいました。

たずねると陶芸家で焼き物を作る土を集めていると言います。

喜美子は土が売り物になると知り、驚き興味を持ちます。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-10-01&ch=21&eid=02816&f=5360

⇒⇒⇒スカーレット第3話(10月2日) 常治、知らない男を連れてくるはこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第1週(9月30日~10月5日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

『スカーレット』は女性陶芸家・喜美子を主人公(ヒロイン)にした物語ですが…

陶芸の地・信楽にやって来た9歳の喜美子が、第2話では陶芸家と出会い、陶芸に使われる土が価値のあるものであること知るという…

いわば喜美子と陶芸の出会いが描かれる回になりますね!

信楽焼きといえばタヌキの置き物が非常に有名ですが…

タヌキに導かれ、喜美子は陶芸と出会う事になるわけですね!

スカーレット 第2話 視聴率とトピック

スカーレット 第2話 視聴率 19.2%

10月1日(火曜日)放送の『スカーレット』第2話の視聴率は19.2%でした。

常治と草間が出会っていたが…

今回の第2話の終盤で常治が草間と出会っていましたね!

自分達の家族だけで暮らしていくのにも全く余裕がないはずの常治が、この草間を自分の家に居候させることになつんですよね…。

それに常治は、妻の着物を売ってお金を作ったばかりだったはずなのに…

そのお金の一部を困っている他人(傷痍軍人?)に与えていましたね。

自分に余裕が全くなくても人を助けようとする常治…

ある意味、凄い人なのかもしれませんが… 家族にとっては… 困った人かもしれませんね。

というか、絶対、困った人ですよね!

サイトナビ

⇒⇒⇒スカーレット第3話(10月2日) 常治、知らない男を連れてくるはこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第1週(9月30日~10月5日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』 全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました