スカーレット第16話(10月17日)ちや子、信楽焼きの価値を語る

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第16話(10月17日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第16話用フォト スカーレット ドラマガイドpart1

ちや子、信楽焼きの価値を語る

喜美子(戸田恵梨香)がいない信楽では、残された人々がそれぞれの新生活を送っていました。

一見、変わりない様子だが、幼なじみの照子(大島優子)は楽しい高校生活を装い、父・常治(北村一輝)は酔った勢いで喜美子のいない寂しさを明かし…。

一方、大阪の喜美子は、下宿屋の住人と地元の思い出話に花を咲かせていました。

その流れでお守り代わりに拾ってきた焼き物のかけらを見せると、新聞記者のちや子(水野美紀)が反応をしめします。

そして、古い信楽焼きには高い価値があると、ちや子は言い出しました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-10-17&ch=21&eid=14689&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第17話(10月18日) 喜美子、給料日を迎える はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第3週(10月14日~10月19日)あらすじネタバレ はこちらから

放送前に

喜美子が大阪にやって来た後の信楽の人達の姿が描かれますが…

常治は、自分で喜美子の就職先を大阪に決めておきながら、信楽から喜美子がいなくなったことを寂しがっていたんですね!

だったら、信楽で喜美子の就職先を見つければよかったのにと思ってしまいますが…

まあ… 信楽で見つけられないから大阪で見つけてきたんでしょうけれどもね。

さだに親戚ということで無理やり喜美子の就職を頼みこんだくらいなんだから、そういうことなんでしょう。

スカーレット 第16話 視聴率とトピック

スカーレット 第16話 視聴率 19.7%

10月17日(木曜日)放送の『スカーレット』第16話の視聴率は19.7%でした 。

価値がある=お金になるかもしれない

ちや子から古い信楽焼きは価値があるかもしれない=お金になるかもしれないと聞かされた途端、喜美子の目が輝いていましたね!

でも、いくら信楽といえども、そうそう大金に化けるような信楽焼きの破片が落ちているとは思えませんが…

価値があるかもしれない=お金になるかもしれないというだけで、あんなに人を生き生きさせてしまうとは…

信楽焼きの魔力恐るべしですね!

ただし… 私が調べた限りでは、たしかに古い信楽焼きには現在なら百万円くらいで買い取られる可能性があるもののもあるみたいですが…

さすがに破片が、そんなに価値を持つことはないみたいです!

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第17話(10月18日) 喜美子、給料日を迎える はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第3週(10月14日~10月19日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

タイトルとURLをコピーしました