朝ドラ・スカーレット第103話あらすじネタバレ

スカーレットのイメージ 陶器の写真スカーレット

スカーレット 第103話(2月3日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ スカーレット第103話用フォト スカーレット ドラマガイドpart2

喜美子と八郎の別居の噂が広まり…

大阪から戻ってきた喜美子(戸田恵梨香)は、薪代をまかなうために借金をして穴窯での窯焚きを再開します。

そして、試し焼きで、ついに望んでいた色の片りんを出すことができました。

窯焚きの失敗は6回にも及びましたが、喜美子は諦めずに試行錯誤を続け、ある仮説にたどり着きます。

ですが、実行するにはお金が足りません。

また、八郎(松下洸平)と喜美子の別居の噂が街に広まり、「かわはら工房」への発注が激減してしまいます。

そこに以前、大量注文してくれたひろ恵(紺野まひる)がやって来ました。

参照:https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-02-03&ch=21&eid=24966&f=5360

⇒⇒⇒ スカーレット第104話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第18週(2月3日~2月8日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラが週5日放送に! 土曜日の放送がなくなる はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ・スカーレットに元SMAP稲垣吾郎が出演か はこちらから

放送前に

大阪から帰ってきた喜美子が、また理想の色を追い求めての窯焚きへの挑戦を再開しますね。

ですが… それは、薪代を借金までしての無謀とも言える挑戦です。

何度も失敗を繰り返した中で喜美子は、追い求める色を出すための仮説を導きだしたようですが…

それでも、その仮説が真説かどうかは、まだわからないわけです。

ですが… 喜美子は、それでも理想の色を追い求めてのハイリスクな挑戦をやめはしないんですよね。

八郎と別居状態になってしまったのは、あまりにも薪代がかかりすぎる無謀な挑戦を喜美子がやめようとしなかったからですが…

穴窯を作ることを提案した時点では、八郎もまさか喜美子が、こんなふうにブレーキが壊れた状態になってしまうとは予想できなかったのでしょうね。

スカーレット 第103話 視聴率とトピック

スカーレット 第103話 視聴率 19.0%

2月3日(月曜日)放送の『スカーレット』第103話の視聴率は19.0%でした 。

人の噂ってイヤですね…

三津が「かわはら工房」から去ってすぐに八郎が川原家を出てしまったために…

信楽の人達は八郎と三津の間を勘繰り、いろいろと噂をしているようですね。

タイミング的にそれも無理のないことではあるかもしれませんが…

でも、やっぱりこういうゲスな勘繰りっていうのはイヤですね。

しかも、そのつまらない噂のせいで喜美子に注文がこなくなってしまったというのですから…

笑ってすませられるような事ではありませんよね。

まあ… ネットもSNSもなかった時代でさえそうだったんですから…

今ならもっとたいへんだったかもしれないですけれどもね。

サイトナビ

⇒⇒⇒ スカーレット第104話あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ スカーレット第18週(2月3日~2月8日)あらすじネタバレ はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラが週5日放送に! 土曜日の放送がなくなる はこちらから

⇒⇒⇒ 朝ドラ・スカーレットに元SMAP稲垣吾郎が出演か はこちらから

⇒⇒⇒トップページはこちらから

※トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『スカーレット あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました