朝ドラ・おかえりモネ第2話あらすじネタバレ

おかえりモネあらすじネタバレのイメージおかえりモネ

おかえりモネ第2話(5月18日放送)あらすじ(ネタバレ)

 朝ドラ「おかえりモネ」あらすじネタバレイメージ写真|ドラマガイド

百音、妹・未知をまぶしく感じる

百音は、サヤカの山の樹齢300年のヒバの木の存在を知って、心を揺さぶられます。

森林組合の課長の翔洋は週末に登米の伝統の能の定例会を控えて、そわそわしていました。

百音は、能舞台を見学に行き、サヤカと森林組合の川久保が、ヒバの伐採について話し合っているのを目撃します。

その夜、百音の妹・未知の水産高校での取り組みのニュースを見て、百音は妹をまぶしく感じました。

参照:https://www.nhk.jp/timetable/130/tv/20210518/daily/now/

朝ドラがいろいろ視聴できます

※「おかえりモネ」「おちょやん」「あまちゃん」などの朝ドラ作品は、31日間無料トライアルがあるU-NEXTで視聴できます

⇒⇒⇒おかえりモネ第3話(5月19日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おかえりモネ第1週(5月17日~5月21日)あらすじネタバレはこちらから

放送前に

百音が、妹・未知をまぶしく感じるのは…

未知は、水産業を発展させたいから研究者を目指すというハッキリとした目標を持って生きているのに対して…

自分は、何かのために役に立ちたいと思ってはいても、妹・未知のように具体的な目標がまだ見出せないでいるためだと思います。

ですが… そんな百音も天気予報が様々な人たちの役に立つものであることを知っていき、気象予報士を目指すという目標を見つけ出すことができるわけですが…

それは、まだ少しだけ先のお話になりますね。

具体的な目標こそまだ見出せないでいるものの百音が、何かのために役に立ちたいと思うようになったのは…

2011年の東日本大震災が、どうやら大きく影響しているようなんですが、そのことについても、これから徐々に描かれていくはずです。

おかえりモネ 第2話 視聴率と感想

おかえりモネ 第2話 視聴率 18.5%

5月18日(火曜日)放送の『おかえりモネ』第2話の視聴率は18.5%でした。

おかえりモネ第2話感想

坂口健太郎さん演じる医師・菅波は、ちょっととっつきにくい人物ではあるようですが…

物事の本質を鋭く的確にとらえる人物のようですね!

やさしく穏やかで、一目見て温かい人柄とわかるような人物ではなく…

ちょっととっつきにくく、クールで理屈っぽい感じの人物とも関わっていくことによって、まだまだ未熟な(未熟ということは様々な可能性を秘めているということでもあります)百音が…

これからどのように成長していくことになるのか、ジックリ見守っていきたいですね!

「おかえりモネ」登場人物・キャスト

ヒロイン

永浦百音=清原果耶

気仙沼の人々

百音の家族

永浦耕治(百音の父)=内野聖陽

永浦亜哉子(百音の母)=鈴木京香

永浦未知(百音の妹)=蒔田彩珠

永浦龍己(百音の祖父)=藤竜也

永浦雅代(百音の祖母)・語り=竹下景子

百音の同級生とその家族

及川亮(百音の同級生)=永瀬廉

野村明日美(百音の同級生)=垣松祐里

後藤三生(百音の同級生)=前田航基

早坂悠人(百音の同級生)=高田彪我

及川新次(亮の父)=浅野忠信

登米の人々

米麻町森林組合

新田サヤカ(山主)=夏木マリ

佐々木翔洋(課長)=浜野謙太

川久保博史(参事)=でんでん

よねま診療所

菅波光太朗(医師)=坂口健太郎

中村信弘(医師)=平山祐介

ジャズ喫茶

田中知久(マスター)=塚本晋也

東京の人々

気象予報会社

朝岡覚(気象キャスター)=西島秀俊

神野マリアンナ莉子(気象予報士)=今田美桜

内田衛(気象予報士)=清水尋也

野坂碧(気象予報士)=森田望智

安西知将(社長)=井上順

テレビ局

高村沙都子(番組の責任者)=高岡早紀

沢渡公平(記者)=玉置玲央

シェアハウス

井上菜津(大家)=マイコ

車いすマラソン

鮫島祐希(選手)=菅原小春

サイトナビ

⇒⇒⇒おかえりモネ第3話(5月19日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おかえりモネ第1週(5月17日~5月21日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒「おかえりモネ」トップページはこちらから

※「おかえりモネ」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『おかえりモネ あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました