朝ドラ・おかえりモネ第16話あらすじネタバレ

おかえりモネあらすじネタバレのイメージおかえりモネ

おかえりモネ第16話(6月7日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ「おかえりモネ」あらすじネタバレイメージ写真|ドラマガイド

百音、妹・未知に圧倒される

親に黙って仙台の大学から逃げてきた三生は、しばらく永浦家に滞在することになります。

そんな中、百音の妹・未知は、祖父・龍己の助けも借りながら、夏休みの自由研究でカキを卵から育てる地場採苗に挑戦していました。

家業だけでなく、気仙沼の漁業の未来まで考えて研究に打ち込む妹の姿に、百音は圧倒されます。

そして、天候を読むことが漁業にとっていかに重要かが、百音には次第に分かってきました。

参照:https://www.nhk.jp/timetable/130/tv/20210607/daily/now/

朝ドラがいろいろ視聴できます

※「おかえりモネ」「おちょやん」「あまちゃん」などの朝ドラ作品は、31日間無料トライアルがあるU-NEXTで視聴できます

⇒⇒⇒おかえりモネ第17話(6月8日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おかえりモネ第4週(6月7日~6月11日)あらすじネタバレはこちらから

放送前に

高校を卒業した時点で… というか、高校を卒業して何ヶ月か経った現在の時点でも、まだハッキリと自分が進むべき道を見出せないでいる百音は…

まだ高校生でありながら、自分の進むべき道をハッキリと見出し、シッカリ努力もしていて…

自分の家の家業のことだけではなく、気仙沼の漁業の未来のことまで考えているシッカリ者の妹・未知に今回は圧倒されてしまうみたいですね!

ですが… 自分が興味を持った天気予報・気象予測が、漁業にも大きく関わっているもの、必要とされるものであることも、百音は徐々に理解していって…

ボンヤリと見えていた目標が、だんだんハッキリと見えてくるようになってくるようですね!

おかえりモネ 第16話 視聴率と感想

おかえりモネ 第16話 視聴率 16.0%

6月7日(月曜日)放送の『おかえりモネ』第16話の視聴率は16.0%でした。

おかえりモネ 第16話 感想

『おかえりモネ』第16話では、百音がカキの養殖、そして漁業全般が天気と大きく関わっていることに気づかされていましたね!

気象予報に興味を持ってから百音は、生まれてからこれまで自分の身近に常にあったものが、実は天気と大きく、しかも密接に関わっていたことに気づいていなかったみたいですね!

漁業全般もカキの養殖も自然を相手にしているわけですから、気象の変化と密接に関わってくるのは当たり前なのかもしれませんが…

身近にありすぎると、案外、そんな当たり前のことに気づかずにいてしまうものなのかもしれませんね!

「おかえりモネ」登場人物・キャスト

ヒロイン

永浦百音=清原果耶

気仙沼の人々

百音の家族

永浦耕治(百音の父)=内野聖陽

永浦亜哉子(百音の母)=鈴木京香

永浦未知(百音の妹)=蒔田彩珠

永浦龍己(百音の祖父)=藤竜也

永浦雅代(百音の祖母)・語り=竹下景子

百音の同級生とその家族

及川亮(百音の同級生)=永瀬廉

野村明日美(百音の同級生)=垣松祐里

後藤三生(百音の同級生)=前田航基

早坂悠人(百音の同級生)=高田彪我

及川新次(亮の父)=浅野忠信

登米の人々

米麻町森林組合

新田サヤカ(山主)=夏木マリ

佐々木翔洋(課長)=浜野謙太

川久保博史(参事)=でんでん

よねま診療所

菅波光太朗(医師)=坂口健太郎

中村信弘(医師)=平山祐介

ジャズ喫茶

田中知久(マスター)=塚本晋也

東京の人々

気象予報会社

朝岡覚(気象キャスター)=西島秀俊

神野マリアンナ莉子(気象予報士)=今田美桜

内田衛(気象予報士)=清水尋也

野坂碧(気象予報士)=森田望智

安西知将(社長)=井上順

テレビ局

高村沙都子(番組の責任者)=高岡早紀

沢渡公平(記者)=玉置玲央

シェアハウス

井上菜津(大家)=マイコ

車いすマラソン

鮫島祐希(選手)=菅原小春

サイトナビ

⇒⇒⇒おかえりモネ第17話(6月8日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おかえりモネ第4週(6月7日~6月11日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒「おかえりモネ」トップページはこちらから

※「おかえりモネ」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『おかえりモネ あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました