朝ドラ・おかえりモネ第11話あらすじネタバレ

おかえりモネあらすじネタバレのイメージおかえりモネ

おかえりモネ第11話(5月31日放送)あらすじ(ネタバレ)

朝ドラ「おかえりモネ」あらすじネタバレイメージ写真|ドラマガイド

百音、亀島に帰省する

山で豪雨に見舞われたことをきっかけに、気象予報士の資格に興味を持った百音は、さっそく専門書を買って天気の勉強をはじめます。

ですが… 元から学校の勉強があまり得意ではなかった百音は、ずらりとならぶ専門用語に悪戦苦闘していました。

やがて夏になり、祖母・雅代の初盆に合わせて百音は亀島の実家へ帰省することになります。

港で父・耕治や妹・未知の出迎えを受け、百音はうれしく思いました。

参照:https://www.nhk.jp/timetable/130/tv/20210531/daily/now/

朝ドラがいろいろ視聴できます

※「おかえりモネ」「おちょやん」「あまちゃん」などの朝ドラ作品は、31日間無料トライアルがあるU-NEXTで視聴できます

⇒⇒⇒おかえりモネ第12話(6月1日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おかえりモネ第3週(5月31日~6月4日)あらすじネタバレはこちらから

放送前に

気象予報士の試験の合格率は、毎回4~5%台といったところらしいですから、なかなかの難関資格であると言っていいでしょう。

その難関資格に百音は興味を持ったわけですが… どうやら百音は、勉強はそんなに得意ではなかったみたいですね!

ですから、気象予報士の勉強を始めても最初は、何が何だかチンプンカンプンの状態になってしまうのが当然だと思いますが…

その陥るのが当然の状態に、やはり百音は陥ってしまうみたいですね!

で… そんな状態に陥っているところで、亀島に帰省することになった百音は、実家に帰り、家族や幼馴染たちと一緒の時間をしばらく過ごすことになるわけですが…

この時間は、百音にとってきっと有意義なものになるのだと思います。

おかえりモネ 第11話 視聴率と感想

おかえりモネ 第11話 視聴率 17.2%

5月31日(月曜日)放送の『おかえりモネ』第11話の視聴率は17.2%でした。

これで、第8話から4話連続で17.2%ですが… こういうこともあるんですね!

おかえりモネ 第11話 感想

『おかえりモネ』第11話の中で気象予報士の本を百音が購入し、それを開いていましたが…

さすが合格率4~5%の難関資格だけあって、なかなか難しそうでしたね!

学校での勉強が、あまり得意ではなかったとされている百音が、本当に気象予報士になれるのかが、ちょっと心配になってきてしまいました!

もっとも… 百音が気象予報士の試験に合格することを知ってはいるんですけれどもね!

「おかえりモネ」登場人物・キャスト

ヒロイン

永浦百音=清原果耶

気仙沼の人々

百音の家族

永浦耕治(百音の父)=内野聖陽

永浦亜哉子(百音の母)=鈴木京香

永浦未知(百音の妹)=蒔田彩珠

永浦龍己(百音の祖父)=藤竜也

永浦雅代(百音の祖母)・語り=竹下景子

百音の同級生とその家族

及川亮(百音の同級生)=永瀬廉

野村明日美(百音の同級生)=垣松祐里

後藤三生(百音の同級生)=前田航基

早坂悠人(百音の同級生)=高田彪我

及川新次(亮の父)=浅野忠信

登米の人々

米麻町森林組合

新田サヤカ(山主)=夏木マリ

佐々木翔洋(課長)=浜野謙太

川久保博史(参事)=でんでん

よねま診療所

菅波光太朗(医師)=坂口健太郎

中村信弘(医師)=平山祐介

ジャズ喫茶

田中知久(マスター)=塚本晋也

東京の人々

気象予報会社

朝岡覚(気象キャスター)=西島秀俊

神野マリアンナ莉子(気象予報士)=今田美桜

内田衛(気象予報士)=清水尋也

野坂碧(気象予報士)=森田望智

安西知将(社長)=井上順

テレビ局

高村沙都子(番組の責任者)=高岡早紀

沢渡公平(記者)=玉置玲央

シェアハウス

井上菜津(大家)=マイコ

車いすマラソン

鮫島祐希(選手)=菅原小春

サイトナビ

⇒⇒⇒おかえりモネ第12話(6月1日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒おかえりモネ第3週(5月31日~6月4日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒「おかえりモネ」トップページはこちらから

※「おかえりモネ」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『おかえりモネ あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました