おちょやん第5週(1月4日~1月8日)あらすじネタバレ

朝ドライメージフォト 真っ青な夏の空おちょやん

おちょやん第5週(1月4日~1月8日)「女優になります」あらすじネタバレ

おちょやんガイドブック

京都にやって来た千代

道頓堀を離れた千代は、汽車で京都にやって来ました。

早速、その足で口入れ屋を訪ねた千代は、カフェー「キネマ」で女給として住み込みで働くことになります。

「キネマ」の店長・宮元潔は、「監督」と自称し、店員の平田六郎を「助監督」と呼ぶほど活動写真にかぶれていました。

女給の若崎洋子は売れないながらも女優をしていて、相部屋の宇野真理は女優志望です。

その日から働き始めた千代は、横柄な客を機転でうまくあしらい、宮元たちを感心させました。

そんな千代に活動写真を作る会社の社長をしているという黒木という客が歩み寄り

「いいねえ……イメージにピッタリだ」

と言います。突然のスカウトでした。

千代は、そんなに簡単に女優になれるわけがないと一度は断りますが…

真理に背中を押され、話を受けることを決意します。

「鶴亀撮影所」の前で黒木と落ち合った千代は、出資者の川島に引き合わされました。

川島は、満足そうに微笑み、黒木と握手を交わします。

ところが… 次の日、新聞に黒木が投資詐欺で逮捕されたという記事が載っていました!

黒木は、川島の好みの顔の千代を主演にすれば、金をいくらでもとれると企んだのです。

おだてられ、その気になってしまったが、これからは女給として頑張ると皆の前で千代は明るく笑ってみせました。

千代、女優になると決める

一週間後、洋子と真理が撮影所の試験に合格し、「キネマ」の店中が祝福ムードに湧きかえりましたが…

千代の笑顔だけは硬くなっていました。

二人の合格を聞いて、祝福する気持ちより悔しさが湧いてきてしまったのです。

黒木に騙されたことも実は悔しかったと宮元や洋子たちに本心を打ち明けた後、千代は

「せやさかい、うちは女優になる」

と宣言しました。

早速、入所試験を受けようと、あちこちの撮影所に千代は足を運び始めますが… なかなかどこにも受け入れてもらえません。

そんな千代に真理が「山村千鳥一座」の座員募集のチラシを見せました。

山村千鳥は、活動写真にも出ていた東京の女優です。

次の日、千代は、「山村千鳥一座」の採用試験を受けるため、新京極の三楽劇場を訪れました。

そして、千代が渡された台詞を覚えたところへ千鳥が現れ、高飛車に言い放ちます。

「さっさとおやんなさい」

千代、「山村千鳥一座」の座員になる

千鳥に睨まれながら台詞を語り始めた千代でしたが…

ひどい棒読みの上、千鳥を怒らせるようなことを言ってしまいます。

それでも、千代は、辞めた座員の穴埋めとして合格になり、翌日、早速、座員の薮内清子に連れられて千鳥の家にやって来ました。

家で二人きりで稽古をつけてもらえるのかと千代は喜びますが… 辞めた座員は、役者というより千鳥の世話係で、千代は、その代わりだったのです。

それでも、空いた時間には稽古をつけてもらえるならと、千鳥の元で働くことにした千代でしたが…

命じられた仕事の量は膨大でした。

なぜか、庭で四葉のクローバーを探すことまで命じられた千代は、稽古どころではありません。

また、千鳥は、稽古も苛烈で、座員たちを罵倒し、台本や物を投げつけてきます。

そんなある日、一座は公演をしている三楽劇場の座本から客の不入りが続くようなら公演は今月限りと言われてしまいました。

清子は、客を呼ぶために「正ちゃんの冒険」という人気漫画を基に自分で書いた台本を差し出しますが、千鳥は、子供だましだと言って、それを投げ捨ててしまいます。

そして、千鳥は、清子の肩を持つ千代には、自分のやり方が気に入らなければ来なくていいと言い放ちました。

千代も、もう我慢の限界でした。

偉そうにしているが、自分は少しも稽古をしていないではないかと言い捨てて千鳥の元を去りました。

千代、千鳥のところに戻る

夕方、清子が「キネマ」にやって来ました。

酔って千鳥の悪口を並べる清子に千代が、自分たちで新たな一座を作ればいいと勧めると、清子は首を横に振って

「……私、山村千鳥が大好きやねん」

と言います。

千鳥は、芝居をやりたくても女だという理由で相手にしてもらえなかった清子たちのために一座を作ったのでした。

そして、千鳥にも生きるのをやめてしまいたいほど辛い過去があったのです。

それでも、生きてみようと決意したのは、幸運の四葉のクローバーを見つけたことがきっかけでした。

その夜、千鳥の家を覗きに行った千代は、千鳥が一心不乱に舞の稽古をしている姿を目の当たりにします。

翌朝、頭を下げる千代を、いったんは拒絶した千鳥でしたが、何かに目を留めると、ため息をついて言いました。

「……次はないからね」

そこには、千代が見つけた四葉のクローバーがありました。

※参照 NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 おちょやん Part1(NHK出版)

放送前に

「大阪のお母さん」と呼ばれた大女優・浪花千栄子さんをモデルにしたヒロイン竹井千代の波乱万丈の生涯を描く朝ドラ「おちょやん」第5週は…

物語の舞台が大阪から京都に移り…

千代が、いよいよ女優としての道を本格的に歩み始めますね!

大阪・道頓堀の「岡安」のシズは、千代にとって間違いなく大恩人でしたが、かなりキツい性格ではありましたが…

京都にやって来た千代が入った「山村千鳥一座」の千鳥は、シズよりもはるかに強烈なキャラクターのようですね!

その強烈なキャラクター千鳥のところで千代が、どんなふうに女優の道を歩んでいくのかが非常に楽しみですが…

千鳥の強烈さが、視聴者のキャパを超えるものでなければいいなと、今度は、ちょっとそれが心配になってきましたが…

大丈夫ですよね!?

朝ドラがいろいろ視聴できます

※「おちょやん」「エール」「あまちゃん」などの朝ドラ作品は、31日間無料トライアルがあるU-NEXTで視聴できます

サイトナビ

⇒⇒⇒おちょやん第6週(1月11日~1月15日)あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒11月30日スタート「おちょやん」あらすじネタバレはこちらから

⇒⇒⇒「おちょやん」トップページはこちらから

※「おちょやん」トップページからは当サイト『ドラママップ』内に掲載されている『おちょやん あらすじ(ネタバレ)・視聴率』全てのページへダイレクトに入れます

コメント

タイトルとURLをコピーしました